FC2ブログ

Comment reply


ここは、【Riruha* Library】【徒然日記 時々 何か】へいただいた
コメントのお返事、サイトに関するお知らせをするスペースとなっております。

藤宮楓

 先に言い訳させてください。
 確かに俺はこの内容を書きたいとは思っていませんでしたけど、こんなに長らくお待たせしたのは俺ではなくてりるはさんですから。
 苦情はりるはさんまでお願いします。俺は一切受け付けません。


 で、リクエスト内容は秋斗との幼少時代の話し、ですよね……。
 アレはとんでもなく賢い悪ガキでした。
 これは、いつかの藤の会での出来事――。



 親戚:あっ! 秋斗くん、元気にしてたかい?
 秋斗:……秋斗は元気だと思います。
 親戚:あっ! おじさん間違えたみたいだ。楓くんは本当に秋斗くんとよく似ているな(笑)で、彼はどこにいるんだい?
 秋斗:(楓は)さっき栞さんのところでお茶を頂いてました。
 親戚:そうか(笑)! ありがとうね、これで飴でも買いなさい。
(ポチ袋を渡される→中身1万円)

 秋斗は嘘はついてないんです。
 このオジサンが勝手に勘違いしただけ。
 こういう会話にもっていくのがやたらとうまい……。
 で、だまされたと思ったオジサンを諭すのは俺なんだ。

 親戚:じゃ、さっきのが秋斗くんかっ!? まいったな。まんまと騙されたよ!
 オレ:……秋斗は自分のことを秋斗じゃないとも楓だとも言わなかったんじゃないですか?
 親戚:……言わなかったような言ったような――。
 オレ:間違いなく言ってないと思います。
 栞サン:そうね(笑)秋斗くん、嘘はつかないように上手にお話しますわ。


 こんなことが一日に何度もあるんだ。
 ふざけるな……と言いたくなる俺の気持ちを誰かわかってくれないだろうか。いや、誰かじゃなくて秋斗がわかれって話しです。
 人のことを身代わり札か何かと間違えてるんじゃないかと何度思ったことか……。
 あぁ、街でいきなり女にひっぱたかれたこともあったっけ……。
 あのときは学生証を見せて納得してもらったけど。

「他人の空似というか、似た顔の人間は世の中に3人はいるって言いますし……」

 何度も言った言葉。
 っていうか、うちの場合――俺、秋斗、海斗。で、以上終了な気がする……。
 このうえ、まだ似た顔の人間がゴロゴロいるともなると、さすがにいい気はしない。

 
 次のリクエスト。姉弟に関して……だけど。
 (しばし沈黙)
 姉さんと司は2人ともかわいくないっていうか、背を向けたら刺されそうっていうか……(苦笑)
 とりあえず、侮れない姉弟ということで勘弁してください。


 次は、医者になってどうですか? という質問。
 うーん…………。
 もっと色んなことができると思ってたんですけどね、実際はその逆なのかもしれません。
 専門分野ごとに分かれていることもあって、ひとつのことを深く追求してはいけますが、そのジャンルの中でできることは意外と少ない。
 そんなことを感じることがあります。
 まだ何かを悟るような月日を医者として過ごしてるわけじゃないので、こう、と言えるものは何もないですね。
 ただ、常々感じることは自分の非力さ。
 そしていつも思うことは日々精進です。

 さて、次は誰にブログ書いて欲しいですか?
 誰でもかまいませんが、お題はご用意ください。
 では、失礼します。



 楓

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

web拍手ランキング