FC2ブログ

Comment reply


ここは、【Riruha* Library】【徒然日記 時々 何か】へいただいた
コメントのお返事、サイトに関するお知らせをするスペースとなっております。

コメントのお返事

【光のもとで】

06/27 09:21  ねね様*
ねね様、いらっしゃいませ*
いつも体調のお気遣いありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
不調ながらも、更新ができる程度の体調と思っていただけると嬉しいです(^^;;

うちは雨が降ったらまず姫のお散歩は行きません(笑)
ほら、足が短いからどうしてもずぶ濡れになってしまうのですよ(苦笑)
レインコートとかほとんど意味なし(笑)
でも、うちの子はお風呂が大好きなので、乾かされるときも気持ち良さそうにもふもふしてます(笑)

なっちゃん先生の授業始まりました。
日本では1989年に学習指導要項の改定があり、実質的には1992年(性教育元年と呼ばれています)から小学校でも性教育が行われるようになったそうです。
なので、それまでの小学校では女の子のみの性教育(生理がくるよーってだけのもの)が多いそうで、男子においては中学にあがるまでほぼ性教育を受けてないそうです。

現在も性教育に関しては“こう!”と言ったものがないらしく、それどころか、どこまで教えるか、という部分であれこれ論争してるのが現実みたい。
性教育バッシング派は、まず性器名称を小学校低学年に教えることを反対するし、性行と避妊法を小学校中学校で教えることも反対してる。
でも、私はやっぱりそれはおかしいと思うのですよねぇ……。
過激だって言うけれど、その過激から人は生まれてくるわけで、いやらしいことでもなんでもないし。
注意すべきなのは、面白半分にその行為に及ばない、ということだと思うし。
うむむ、難しいですね。
昔よりはましになったとはいえ、基本方針のようなものがないから、学校によって性教育の取り上げ方は異なるし、足並みなどそろいようもない状態のようです。

中学で習うコンドームに関しては性交や避妊具、という扱いよりもHIV感染を防ぐもの、として取り上げてる感じがしたのは私だけでしょうか?
性交に関する話は高校で一度聞いたきりだなぁ……なんて自分の受けてきた教育を振り返りつつ、お話書いてたりします。

今は学校が企業や外部講師を呼んで性教育の授業をするところも多いみたいですね。
誰が教えてもいいから、きちんとした教育が行われたらいいなぁ……と思います。
娘ちゃんふたり、素敵な大人になられますように^^

なっちゃん先生の授業を受けて、翠葉さんにはまたステップアップしてもらわねばっ!!
頑張ります、むんっ!!

またのお越しを楽しみにお待ちしております*
(あわわ……豪雨大丈夫でした??)



06/27 14:28 ゲスト様*
面白いし、ラストまで気になるのでこれからも読み続けると思います。
が、すいはが大嫌いです。


ゲスト様、いらっしゃいませ*
正直申し上げますと、「主人公が嫌いです」と言われるのはあまり嬉しいことではないのですが、翠葉さんはとても独特な子なので万人に受け入れられるとは思っておらず……。
よくよく考えてみたら、翠葉さんが大嫌いなのに最終章までお付き合いいただけているのはすごいことなんじゃないか? と思いました。
面白い、と仰っていただけたのは主人公ではない部分なのでしょうね。
それはそれでとても嬉しいです。
もしよろしかったら、その好きな部分を教えてください^^
長いお話にお付き合いくださりありがとうございますm(_ _"m)ペコリ

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



By 葉野りるは

性教育について

 こんばんは*
 ここのところ、体調絶不調の葉野です。
 でも、更新ができるくらいには何とか……。
 というよりは、痛くて眠れなくてこの時間も起きてる羽目になって、日中もお薬が効いてる時間に1,2時間しか眠れてないので、ほっとんど寝てない状態というか……。
 それで、まんまとCFS(慢性疲労症候群)の症状で発熱やらリンパが腫れててどうにもならないことになっていたりするのですが……。
 先日痛みに耐えかねて(←激痛発作)で2度ほど大泣きしましたが、それ以外は痛い痛い、と言いながらもまだ何とかなりそうな範囲です。
 ひどかったときに比べたら、まだまだ――。



 さて、最近のお話ですが、読んでおわかりの通り"性教育"です。
 【光のもとで】を書き始めたときから、いつかは書かなくちゃいけないこととして、念頭にありました。
 ゆえに、お堅い文献やら、日本の性教育の実情、世界の性教育のあり方など1年ちょっとかけて調べて来てました。
 それを今形にしているところです。
 お話の中では"玉紀直先生"と、実際に作家活動をされている方のペンネームを使わせていただいておりますが(←ご本人様のご了承をいただいております)、書かれている内容は葉野の考えです。
 そこだけは勘違いなさらないよう、お願い申し上げます。

 医学的なことからホルモンの名前なども出てきます。間違いがないように徹底的に調べてはいるつもりですが、基本は医療従事者でもなければ、その手の教育をしっかり受けた人間でもありません。
 何か「これは違うよ」ということをご存知の方がいらしゃいましたら、メールフォームよりご連絡いただけると嬉しいです。
 年に応じた性教育、と申しますが、最近の子は発育が早く、さらにはネットや雑誌から溢れんばかりの情報を得ることが可能です。
 お話の中にも書いているのですが、初経や精通が始まるまでにある程度の性教育(男女の体の差、初経や精通がどういうものなのか、まで)はしっかりと教育されていたらいいなぁ……と今の性教育の実態が気になったり……。
 私の中学の時は、お話に書いたとおりの状態でした。
 そして、コンドームが机の上に置かれていて、"汚いもの扱い"されたというのは実話です。
 それから、生理期間であることが人に知られると"生理菌"と汚いものを扱うような目で見られたり、からかわれたり。そういうことがごく一般的にありました。
 性教育の有無であったり、質であったり、学校によってとても変わってくるんだろうな……ということは、読者様からのコメントからも察することができます。
 いつか、日本の性教育が海外の性教育に追いつくといいな……と思っています。

 そんなわけで、なっちゃん先生の性教育はもうしばらく続きます。
 早く恋愛小説が読みたいですっ! と思われるかもしれませんが、翠葉さんが恋愛をするには避けて通れない道なので、ここを疎かにするつもりはありません。
 こんな話つまらないよ、と思われる読者様は10日ほど経ってからお越し下さるくらいが丁度いいかもしれません。
 どうぞご了承くださいませ。

 また、小学生や中学生のお子様とご一緒に読まれている保護者様。
 保護者様とご一緒に読まれている12歳未満の読者様。
 ここに書かれていることが"性教育"のすべてではないことは頭の片隅に置いておいてください。
 間違えたことを書いてる部分があるかもしれません。
 あくまでも、葉野の出した答えであり、考え方です。
 けれど、少しでも葉野の思いが届いたら嬉しいな、と思います。
 質問があればいつでもメールフォームからお便りください。

 そして、"性"に不安をもつ女の子たち。
 今までも何度となく、そういったご相談のメールをいただいております。
 身近な家族に話しづらい。かといって、経験済みの友達に聞くのも恥ずかしい。
 誰かに聞いてもらいたいけど、誰に話したらいいのかわからない。
 そんな時には、頼りにはなりませんが、ぜひ葉野を思い出していただけると嬉しいです。
 決して茶化したりはしませんし、笑いもしません。
 誰もが不安に思うことだと思います。
 性行為のテクニックなどは受け付けておりませんが、気持ち上の不安を聞く心積もりはあります。
 どうか、ひとりで悩んで辛いことになりませんように……。

 明日の更新では、女の子の初経や生理の仕組みについて。
 それから、男子の精通や射精、射精の仕組みについて。
 このあたりがメインのお話になります。
 しばらく【PG12】となりますが、12歳未満の子も、それ以上の子も、これを機会にご両親とお話をできる機会ができたらいいな、と思います。
 “性教育”はオープンであって、何ら問題はないと思います。
 恥ずかしいことじゃないですよ。
 誰にでも起こることを、男女が互いの体について理解するための教育です。
 この世には基本、男女しかいないわけで、自分の性別じゃない相手のことを知ることはとても大切なことだと思います。
 いつか好きな人ができたときに、その人を大切に思えるように。
 そんなことに繋がる教育なので、興味を持って学ばれてください。



By 葉野りるは

コメントのお返事

【光のもとで】

06/23 22:43 わかば様*
わかば様、いらっしゃいませ*
最新話お読みくださりありがとうございますm(_ _"m)ペコリ

うふふ……この季節は痛みにプラスして生理とかくると本当にもう死にそうです(苦笑)
今回は3日ほど希釈したポカリと鎮痛剤のみ、という数日をすごしておりました(苦笑)
夜も2時間弱くらいしかお薬が効かなくて、結局痛くて眠れないし(苦笑)
でも、まだ何とかなってます。
痛くて大泣きしたのは2回。
まだ大丈夫っ!
そして、頑張ってる葉野が好きと仰っていただけて本当に嬉しいです。
しょっちゅう弱音も愚痴も吐いてますが、基本的にはできるところまで頑張ることが好きです。
1歩手前でやめておけ、と言われること多々ですが、それでも力を出し切った感じってとても爽快だと思うから。
その後に代償があったとしても甘受しますとも……~(-゛-;)~

翠葉さんは制約が多すぎて、そこに心が絡むと雁字搦めになってしまうんですよね。
でも、この子も変わり始めてます。
諦めることに慣れていた子が、欲張りになり始めました。
それにあたり、心と体の折り合いがうまくいかなくて悩んでいますが、いつかは上手に付き合えるようになると信じています。

このお話は本当に特殊で、健康に問題のない人からしてみたら、理解の範疇を優に超えるお話だと思うのです。
それでも、“わからない”で済ますのではなく、”こうかな?”と想像していただけることがとても嬉しいです。
“わからない”で片付けることはとても簡単だけど、相手のことを考えて(しかも、作中のキャラであるにも関わらず)、こういう体調で、こういう環境に育った子だからこその思考回路なのかな? とそこまで考えていただけることが本当に嬉しいです。
ありがとうございますm(_ _"m)ペコリ

玉紀先生の授業はガッツリ“性教育”です。
私がここ1,2年で集めた文献やあれこれをもとに、葉野なりの解釈で進めています。
それが正しいかはわからないけれど、こういう形の性教育があってもいいなじゃないかな? と思っています。
きっと何が正しくて何が間違ってる、というのはないのだと思う。
伝えるべきときであったり、伝えたことがきちんと児童や生徒に伝わっているか。
教職者が意図していることを児童と生徒に伝えることができるか、考えて欲しいことを考えてもらえるか。
そういうのが大切なのかな? と。
あとは、ネットや雑誌から得られる間違った情報や、はやし立てるような情報。それらよりも前に、きちんとした性教育ができる状況を作ってあげたいな、とお話の中で考えています。

デリケートな問題で、三者三様の考えがあおりでしょうが、一葉野の考え(答え)としてお読みいただけたら幸いです。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/25 23:27 ふー様*
ふー様、いらっしゃいませ*
始まりました、藤宮流性教育。
興味を持っていただけて光栄です。
ふー様が受けた性教育はそれはそれですごいなー、と思いました。
70歳のパワフルな助産師さん、いいな(笑)

>1・未熟な性行為で妊娠という重いリスクを負うのは女!
>2・今時、セックスするなは無理な時代だけど、望まない妊娠はするな!だから避妊は男任せにするんじゃない!

これは一理ありますね。
私はこれにもうひとつふたつ乗っけた見解をお話の中に盛り込むつもりでいます。
(↑書く内容を箇条書きにしてあって、ひとつずつ消していっている人(笑))

>ひたすら叩き込まれたのは、生理周期と妊娠可能周期の関係。基本となる妊娠周期と生理予定日の計算の仕方、卵子と精子の寿命、それによる妊娠可能期間と、安全日の計算方法!とビシバシ!原則医学に基づくものでした。

これについても書く予定が組み込まれています。けれど、ちょっと違うお話になりそう。
安全日なんて日は実は一日もないんだよ、というお話をする予定ですので、ちょっとそこで考えていただけると嬉しいです。

>クラスメート(女子)全員の真剣な表情が印象的でしたね(笑)
これはとても素敵なことだと思います。
私の学生の頃は、どこか浮ついた授業になり勝ちで、誰一人として先生の話をまともに聞く生徒がいなかったので……。
“身を守る”以前に“セックス”に好奇心が支配されちゃってる状態で、まともな授業になりませんでした。

藤宮では低学年のときに雄しべ雌しべの話も出てきます。動物では受精するところまでは見ることができませんから、目で見て理解することができるもののために、雌しべと雄しべを使います。
今考えてみれば、理科の授業も動物を飼育することも、衛生面の鉄蹄も、道徳で見る命に関わるビデオも。
何もかもが“動物の成長や寿命”、“人の体の成長や心の成長”に関わる授業だったのだな、と思うことができます。
でも、その当時はまったく理解できてなかった。
藤宮生は理解できないままに終わらせられない、という少し厳しい中での実践になります。

葉野の出した答えであり主観満載のお話が数話続きますが、どうかお付き合いいただけると嬉しいですm(_ _"m)ペコリ

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



By 葉野りるは

コメントのお返事

【光のもとで】

06/22 16:33 小波さま*
小波さま、いらっしゃいませ*
ようやく最終章です(^^;;
本当、「感慨深い」の一言ですよね(苦笑)
展開が早く感じるのは、翠葉さんの感じ方が変わってきてるからだと思います。
時間の経過は今までどおり、どこをすっ飛ばすこともなくガッツリ書いてきているし、何かが変わったというのなら、翠葉さんがあまりものごとをスルーしなくなった……ということくらい?
4月の翠葉さんだったら、何も気付かずにスルーしてたかもしれない場所や、怖くて踏み込めなかった場所で動けるようになったというか……。
そんな変化が展開を早く感じさせているのだと思います。

それと、イラストのリクエストアンケートお答えくださりありがとうございました^^
あと、幸倉運動公園でのお弁当を食べるシーンは第02章なので、第02章のリクエストアンケートを開始した際にオーダーしてくださいませm(_ _"m)ペコリ

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/23 14:50 麻由さま*
麻由さま、ようこそいらっしゃいませ*
初コメントですよね??
面白いと仰っていただけて良かったです^^
長いお話でしたが、ようやく最終章です。
最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



By 葉野りるは

コメントのお返事

【Riruha* Diary】

06/20 23:19 ぼたん様*
ぼたん様、いらっしゃいませ*
そうです!
昨日の司サイドで第13章終わりました^^
次から最終章に入りますが、たぶん……ざっと見積もってあと1シーズン。3、4ヶ月は書いてる気がします(苦笑)
終わってしまうのが寂しいと仰ってくださりありがとうございます;;
そう思っていただけることがどれだけ嬉しいことか……(TT▽TT)ダァー
そんなわけで(?)今書いているものを【Season?】とし、【Season?】も書くつもりでいます^^
まだ私自身ももう少しこの子たちの成長を見ていたいな、と思う部分もあるので、?を書くつもりで紅葉祭あたりにも伏線張っておきましたし(^^;;

ほかの読者様にも何度となく訊かれているのですが、今のところはそういったお話はありません。
書籍化はきっとコンテストや何かに入賞しない限りは難しいと思うのですよ。そして、私にはそんな実力もなくてですね(苦笑)
しかも、ここまでの長編ともなると、どこかから出版という形にはならないかと思うんですね。
そして、自費出版やらあれこれ調べてみたのですが、やっぱり量が膨大すぎて、とんでもない金額になる事実。
できたとしても、FC2ブログのブログを書籍化する、というツールを使うしか道はないかと……。
詳しく金額のお話をすると、第13章の本編のみで本文209ページ2762円(プラス送料)。
今のブログの状態(←つまりは拍手やらランキングバナーがある状態)でこのお値段なので、それらをとっぱらった記事だけの状態にすればもう少し安くなりそうなのですが……)
それにしても、高すぎ、ですよね(苦笑)
本屋さんで売っている文庫本が400ページくらいで600円前後なのに、サイドストーリーを入れてそのページ数にするとですね……。
427ページで4506円(笑)
何の辞典ですか? って値段です(苦笑)
なので、ネット上で読んでいただくのがお金がかからなくて(しかも場所をとらない)いいのかなぁ……と思うのですが、「どうしても!」と仰る方がいらしたら、そのときは、改稿した状態のものをブログ出版局で作ろうかと思います。(その際は一気に全章……というのではなく、数ヶ月に1章ずつ、といった形にすると思います(←何分、学生さんには痛い出費になるかと思うので……))

でも「高くても買います!」と仰っていただけるのは本当に嬉しかったです。
プロの作家でもなんでもない葉野のお話をそこまで好いてくださってるのだなぁ……と、本当に嬉しく思いました。

そして、疑問の件なのですが……(苦笑)
もう何度となくお話してきてるのですが、最初の頃の司ってキャラが定まってなくてものすごく性格や言動にブレがあるのですよ。
なので、改稿する際にはお話の流れは変わらないのですが、司の台詞やなんやかやが多少変わってくるかと思います(あしからず)

いつもありがとうございます^^
またのお越しを楽しみにお待ちしております*





【光のもとで】

06/19 09:23 みほ様*
みほ様、いらっしゃいませ*
>裏タイトルは「策士・司、獲物(翠葉)を狩る」的な。(おい
吹きました(笑)
意識して“策士”してるわけじゃないところがアレなのですが(苦笑)
それが“素”なのもどうしたものか、と(苦笑)

そしてアレなのですね?
みほ様は翠葉さん視点での司に萌えるのですね(笑)
理解しました(笑)

面白いまでに、コメントでは散々“翠葉さんクオリティ”と言われていた彼女だけども、お話の中では一度も言われてなかったんですよねぇ(確か)
今回、司に言われちゃいましたけども(笑)
この子の染まらない白はどこまで驀進するのだろう?
黒い藤宮にまみれても、学んでも、白さオンリーで黒いことやれる子になりそうで怖いです(何

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



By 葉野りるは

第01章イラスト見たい場所リクエスト受付中!!

 こんにちは!! 
 久しぶりすぎる徒然日記です。
 いえ、徒然日記とは申しますが、ほとんどリクエスト募集のお知らせです。

 第13章も残すところ司サイド数話となりました。
 私の中のザックリとした予定ですと、最終章の本編50話前後、サイドストーリーも同じくらい……と見積もって、滞りなく行けば、あと4ヶ月くらいで完結するのでは? と思っています。
 そして、完結したら、ずっと前からお約束している“改稿作業”をするわけですが、その時に第01章からかのこ様のイラストを入れていく予定なのです^^
 その“イラスト”のリクエストを頂くためのアンケートを作成しましたので、どうぞふるってご応募くださいませ!!
 (注意:第01章のリクエストは6月いっぱいで締め切らせていただきます)


 アンケートはこちら → 


 アンケートフォームにも記述例を記載してあるのですが、こちらにも……。


 例)03話 翠葉さんと蒼兄が会話しているところ。

  「翠葉は学校自体が久しぶりだからなぁ……」
  「うん」
  「翠葉なら大丈夫だよ」
   私の大好きな笑顔で言ってくれる。それだけで少し落ち着く。

  この部分のふたり(蒼兄の笑顔)。


 複数シーンを選んだ場合、優先順位が一番高いシーンがどれか、話数の前に★印をつけていただけると助かります。


 例)★06話 翠葉さんと秋斗さんが初めて会うシーン。

  「図書室に何か用かな? それとも生徒会に用?」
   振り返ると、白衣を着た背の高い男の人が立っていた。

  この部分の翠葉さんが目にした秋斗さんの姿。


 こんな具合にここっ! とわかりやすく書いていただけると助かります^^



 で、ですね。
 選考方法なのですが、単純に票数が多いもの、というのはやめにしました。
 普段のコメントから察するに、読者様は司ファンに偏っていると思うのです。
 なので、秋斗さんのイラストリクエストが極端に少ない恐れがあります。
 その対策上、票の多い少ないでは決めないことにいたしました。
 好きなキャラを見たい、と思うのは当然のことだと思うので、イラストに偏りがないよう(クラスメイトや生徒会メンバーなどのサイドキャラを含め)、こちらで少し調整をしようと思います。
 そして、アンケートの結果を見たかのこ様が描きたい! と思うシーンを優先にすることにいたしました。
 どうぞ、ご了承くださいませm(_ _"m)ペコリ

 
 それでは、どうぞ考えに考えてご応募ください!!



By 葉野りるは

コメントのお返事etc...

【光のもとで】

06/14 22:16 みほ様*
みほ様、いらっしゃいませ*
うふふ、司は「かわいい」言われて不本意だろうけども、私は嬉しいです(笑)
しかも、なんといっても翠葉さんにわしわし拭かれてるわけで……(笑)
きっと、今の萌えポイントは司……ということで(何
今、更新中の司サイドにも萌えていただけてることを祈るのみです^^

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/14 23:45 絢子さま*
絢子さま、いらっしゃいませ*
司視点、2話目をUPしましたが、楽しんでいただけていると嬉しいです^^

絢子さまはヴァイオリンでしたか!!
メジャーな楽器なのに、私の周りにヴァイオリンをやってる人がいなかったので、なんだか新鮮です^^

いつもアイフォンから読んでくださってるのですね*
ありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
そして、ピアノを聴かれてないことにほっとしたしだいです(コラ

絵で見たいシーン、私もたくさんありすぎて困ります(笑)
今、第01章のイラストで見たいシーンを募集中ですので、リクエストお待ちしております*
またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/15 23:30 うみ様*
うみ様、いらっしゃいませ*
お久しぶりです^^
テスト、お疲れ様でした!!
テスト、と聞くと、あぁ……学生さんなんだなぁ、と思ったり(笑)

司、紅葉祭に続いて、またしても人間らしさ成長中です。
さすがに司も“失敗”しないことはないのですが、今回のコレはかなり堪えている模様です。
じーさんが言っていた、「シュミレーションゲームと実際に人を相手にした場合」の差に愕然中。
まんまとじーさんの目論見にはまっておりますとも(苦笑)

翠葉さんが行動に出るときって、いつもこう突然な感じが否めませんね(苦笑)
でも、うみ様の言うように、あのくらいが司には丁度よかったのかな? と(笑)

梅雨ですねぇ、うむむ。
痛みやあれこれも辛いのですが、何よりも、毎週金曜日(旦那様のお休みで遠出することが多い日)に発熱するのがなんとも……。
これ、どうにかしないといけない気がします(〒_〒)ウウウ
五月から熱を出してない週がないという事実にさきほど気付いたわけで……orz
本当、どうにかしなくちゃ……。
うみ様も体調にきをつけてくださいね。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*
(うふふ、拍手お礼のイラスト。かのこ様に頂くたびにちょこちょことUPする予定です^^)



06/16 13:28 chikori様*
chikori様、いらしゃいませ*
お久しぶりです^^
コメントがないのは寂しいけども、でも、リアルがその分充実してるということだと思うので、それはそれで良かったなぁ……と思っています^^

まとめ読みお疲れ様でしたm(_ _"m)ペコリ
そして、うちの子たち大好き、このお話大好き、と仰っていただけて、本当に嬉しい。
うちの子たちは本当にみんな不器用で、色々あれこれ失敗もしてきてるんだけど、それらを見てきたうえで“好き”と言ってもらえるのは本当に嬉しいです(〒_〒)ウウウ

翠葉さんが変な方向に行っちゃうのは、たぶんデフォルトなんだけど(をぃ)、でも、そうやって間違えたりなんだかんだしながら、色んなことをスルーしたり気付いたりしながら、前に進んでいける子であってほしいなぁ……と思います。
不器用さ加減は、たぶん、みんな同等レベルなんじゃないかと……(苦笑)
唯ちゃんがひとりだけ器用な気がしてなりません(笑)

>「自分より優先するものがひとつふたつなら認められなくもない。でも、翠のは違う気がする。自分より上位に家族や友人、周りにいる人間全員乗せてないか?」

司の指摘は間違ってないんですよね(^^;; 
でも、翠葉さんにとってはやっぱり大切なものの境界線だとか種類わけがとてもあやふやで曖昧。
とにかく、全部まるっと大事……みたいな(苦笑)
chikori様の仰るとおりで、“欲張り”なのかもしれないけど、今はまだほかの方法だとか選択肢は見えてない状況で……。
気持ちが変わることとか、人のドロドロした気持ちとか、初めてのものに直面してて、正に現在進行形でお勉強中なのです。
それを学ぶのにはどんな出来事が必要で、どんなものを見たら気づけ受け入れられるようになるのかな? と、次の私の課題はそこっ><。
人がものごとに気付けたり、気持ちに気付くのって、ふとした瞬間なんだけど、きっかけっていうきっかけがないと気付けないこともあるから。
何がどうしたら翠葉さんが成長できるのかな? って考えてます。
たぶん、そこが最終章のテーマな気がします。

そうですね。
秋斗さんはなんとなく乗り越えた感がありますよね。
でも、この人もずーーーっと塞いでたし(苦笑)
秋斗さんの場合は司よりも翠葉さんと距離があったし、どうしてもすぐに打開することはできなかった。
でも、司は翠葉さんとこの距離だからなぁ……。意外と早くに立ち直れるかも……?

あはは(笑)
もう、読者様みんなに「かわいい」連発されてて司が眉間にしわよせてるったらないです(爆)
しかも、痴話げんか、言われてるしぷぷぷぷっ!!(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!
今回、司はガッツリ落とされたけど、役得てんこ盛りだよね?
こんなに何度も翠葉さんをガシガシ抱きしめて。

司サイドでは、司の脳内披露しておりますので(?)、どうぞお楽しみくださいませ^^
またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/16 13:31 chikori様*
chikori様、いらっしゃいませ*
>もういいから!くっつきなさい!
(≧m≦)ぷっ!
思い切り吹き出しましたわ(笑)
許す許さない、赦す赦さない。
漢字が表すようにいかないから難しい。
でも、色んな気持ちを感じて、ひとつひとつハムハムモグモグ咀嚼していってほしいなぁ……と思います。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/16 21:32 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
ですねですね^^
翠葉さんも司の表情を読むのがだいぶ上手になった模様で(笑)
唯兄の伝言は思い切り棒読みだったんじゃないか、と想像します(笑)
ほら、言葉遣いもいつもと違うわけで、とりあえず、一字一句違わないように伝えよう、みたいな(笑)

そうなんですそうなんです!!
ポンポン出てくる言葉の応酬というか、素のままでの会話は司の努力の賜物だと思うのですよ^^

>『支えられてる、というよりも、抱きしめられてる気がしてならない』
うくく(笑)
時に、「え、それだけで!?」って思うようなことにドキドキしてるのに、こういう時、違うことを考えてて(←junko様、正解です! >「またやってしまった」くらいな感じでスルーなわけですね)

司は……私的には役得かと(笑)
あとは衝動?(コラ)

あ、そうなんです。
この章では、藤宮だとか司のあれこれがクローズアップされてるのですが、何もかもがうまくいかない理由のひとつは、翠葉さんの「どちらも選ばない」という選択が根底にあるからで……(苦笑)
最終章はそこの解決(紐解き)に全力を費やす所存です。

あと数話、司サイドにお付き合いくださいませm(_ _"m)ペコリ
またのお越しを楽しみにお待ちしております*



By 葉野りるは

コメントのお返事

【Riruha* Diary】

06/12 20:12 ふー様*
ふー様、いらっしゃいませ*
わわ、出張は数日あったのかしら?? お疲れ様でした^^

あはは、帰ってきてからお読みくださりありがとうございました(笑)
そうなんです、あんな流れになってました。でも、お話のストーリーはすんなり受け入れてもらえたようで良かったです^^
スケさん、カクさんの蒼兄と唯兄には笑いました(笑)
しかし「これが目に入らぬかーっ!」って誰に向ってやるんだろう……(をぃ

唯ちゃんサイド更新もナイスタイミングと仰っていただけて良かった(´▽`) ホッ
そろそろ、「本編ガツガツ寸断してんじゃないよっ!」と読者様に怒られないだろうか……とオロオロしてたので(苦笑)

作者はですねぇ、翠葉さんが落ちてたり、司が落ちてたりすると、何を支柱にお話進めたらいいのかわからなくなって、思い切り悩む羽目になるのですよぉ(苦笑)
しかも、言い合いになっても終着駅がないんだもの、この子たち……orz
この相手が司じゃなくて秋斗さんだとか、兄ふたりとかだと頃良いタイミングでどうにかしてくれたりするのだけども……(苦笑)

うふふ、ストーカー行為(もはや好意、で)喜んでおきます^^
またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/13 10:25 美月さま*
美月さま、いらっしゃいませ*
なんか徐々に気温が上がってきたなー? って思ってたら急に涼しくなって体がびっくりしてる葉野です。
5月はお忙しい月だったのですね? お疲れ様です^^

木のイラスト。私も難なく10人見つけられてしまった人。
うん、確かにぼーっとしてるほうが見つけやすいのかも(笑)
ウォーリーを探せってしってます? なんかあれみたいな感じですよね(笑)

そして、お話のほう。
ドキドキしていただいたのに、もう、あの子たちったら……な結果で(苦笑)
大丈夫です。このお話を読んでいると、中学生でも高校生でも、皆年寄りっぽいコメントになってきますから(ぇ
いつもうちの子たちを見守っててくださり、本当にありがとうございますm(_ _"m)ペコリ

サイトトップの写真の感想、とても嬉しかったです^^
模様替えするたびに反応してくださる読者様がいらっしゃると、本当に嬉しい*
人によってお話も写真も見え方は様々なのだなぁ……と実感。
未来都市や人々の姿、と言われて、自分の中をすっからかんにしてみたら未来都市はなんとなくわかる気がしました。
娘ちゃんには怪訝な顔されちゃいましたか(笑)
大丈夫です、葉野は一応前者は納得しました(何

いつも体調のお気遣いありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております*






【光のもとで】

06/12 22:47  ふー様*
ふー様、いらっしゃいませ*
ツイッターのほうで先にお答えしてましたけども、大丈夫です(笑)
葉野のストーカーなんざそうそういやしません、天然記念物推奨です。
そして、わが子【光のもとで】ストーカーであったとしても、嬉しいことに変わりはなくてですね。えぇ、何の問題もございません。むしろ、カモーンです!(何

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/13 10:24 絢子さま*
絢子さま、いらっしゃいませ*
何ていうんだろ? 足を肩幅に開いた状態での体育座りっていうのかな?
足を閉じてない体育座りですっ!!
司が翠葉さんの前で泣くってどんなときだろう?
すっごい意地っ張りだし、弱み見せるの大嫌いだし、とりあえず格好つけてたいみたいなので、そんな日が来たらサイトがぶっ飛ぶかもしれません(←何予告?
この間の司サイドはしっかり書いてますので、後日お楽しみに!!

絢子さまはクラシックをされてるのですね^^ え、卒業試験って音大か何かでした??
いやはや、なんとも……誘惑の“ゆ”の字になれて何よりです(コラ)
あら? 以前、チェロだかビオラをやってる(確か弦楽器だったような気が)と仰ってたのは絢子さまでしたっけ??
記憶が曖昧で申し訳ない……。
何人かの方が音楽を専攻されてる学校をお出になられていて、私の拙いピアノ曲をUPしてるのが恥ずかしくてならないのですが、どうぞお耳汚し勘弁願います~(-゛-;)~
雰囲気だけお楽しみいただければ……と、ごにょごにょ。
またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/13 21:12 みほ様*
みほ様、いらっしゃいませ*
握手して仲直り、うふふ。実は前にも似たシーンがあったのですよねぇ、オホホホ。
そして、何かしないと“仲直り”にならないと思ってるふたりがね(笑)
らしいというか、なんというか(苦笑)

“許す”って行為は難しいですよね。
でもって、翠葉さん、思い切り自分のこと棚にあげてるし(苦笑)しかし、そこを見逃す司でもないだろうなぁ……と思っていたりして。

あれ、ケンカじゃなかったらなんだろう? 言い合い? 言い合いとケンカって何が違うんだろう?
これの司サイドもあるので、たぶん、それをUPした際にはみほ様はまたニヤニヤするんだろうなぁ……と(笑)

蒼樹:えぇと……こんな妹でスミマセン。司がかわいいとはまだ思えないけど、翠葉にもいい刺激になってるのかな? とは思ったりします。

だ、そうです(笑)
またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/13 22:24 羽桜さま*
羽桜さま、いらっしゃいませ*
ラブラブですかっ!?
(コソコソ……どうしよう、作者にラブラブの意識が全くなかった、どうしようどうしようどうしようっ!?!?)

司、かっこいい言われた。こんなズタボロでもかっこいい言われるのだから、もう君なんかズルイ(←色々何かを向ける矛先を間違っている)
翠葉さんはいろんな意味でドキドキしてて、本当に心臓さんお疲れ様、と言いたい心境です(笑)

>もう一回抱き締めて、ちゅーでも(←はい?
私もそう思うんですけど、どうにもうまくいかないのはなぜでしょうか……orz
秋斗さんならタイミング逃さず、ちゅぅしてそうなのに。その差は何……!?

そうだ……アンケート作らなくちゃ……。とりあえず、第1章〜第3章くらいから始めようかと思っています。
用意するまでもうしばらくお待ちくださいね。
ちょっと色々と細かく自分の中で決め事を整理中なので(^^;;

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/14 07:25 ふー様*
ふー様、いらっしゃいませ*
笑っていただけて良かったー(´▽`) ホッ
翠葉さんと司って、結局こういうシーンから甘い展開になれない宿命なのかと……(をぃ
で、「やっぱり、りるはさんだな」ってっ!? え……??
やっぱり甘くならんのね? ってことでしょうか(笑)?
ならないんですよねぇ……どうしてかしら~(-゛-;)~

今日は頑張って50話をUPする予定っ! 頑張ります!!
でも、体調的に無理なときは休ませていただいてるので、本当にいつもお気遣いありがとうございますm(_ _"m)ペコリ

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



By 葉野りるは

コメントのお返事etc...

【Riruha* Diary】

06/09 13:30 ぼたん様*
ぼたん様、いらっしゃいませ*
お久しぶりです^^
あらら(゚o゚;; パソコンちゃん壊れてしまったのです?? 今は新しいパソコンさんになったのでしょうか??
私、今、パソコンが壊れたら発狂しそうです(苦笑)

それはそうと、13章の頭から最新話までお読みくださりありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
この章もサイドストーリーのボリュームが膨らんでしまったので、大変だったのでは……(^^;;?
でも、司の感情面の成長など、あれこれ感じていただけて嬉しかったです。秋斗さんにもそういうシーンがあったけど、やっぱり司にもあったね……みたいな(苦笑)
そんな具合です。

5月にお誕生日迎えられたのですね^^ 
おめでとうございます! この1年がぼたん様にとって素敵な一年となりますよう、心から祈ってます*
お年の件、皆様かなりの確率でカミングアウトしてくださる(爆)
皆様こぞって15歳を越えたあたりで(笑)
そうですよねー、気付けば数年このお話書いてますものね……。キャラたちの年齢追い越しちゃいましたなんて読者様まで出てきて……(笑)
今はR15という扱いになっていますが、サイトのTOPページにリンクしてある【はじめに*】というところに、お話完結後に加筆修正する際に【PG12】に引き下げます、という内容を記載させていただきました。
なので、大丈夫ですよ^^
基本、引っかかりそうなのは秋斗さんの心情描写あたりだったので……(笑)

それから、お話の広げ方が好きと仰っていただけたこと。
本当に嬉しくて、前にコメントいただいたときからずっと覚えてます。
心に残る、嬉しいコメントをいつもありがとうございます。

ずっと司が好きだったのに、ここにきて秋斗さんも好きと仰って頂けたことも、とても嬉しかったです。
作者からしてみたら、キャラはみんなかわいいわけで、その子たちの紆余曲折を見てきていただいたうえで、好きです、と仰っていただけるのは本当に嬉しいのです。

体調のお気遣いもありがとうございます。
またのお越しを楽しみにお待ちしております*





【光のもとで】

06/09 23:22 羽桜さま*
羽桜さま、いらっしゃいませ*
前を向いて強気な翠葉さんだったのですが……。さて、マンションに着いても同じでいられるでしょうか? ってところを書いてます(何)
もう、なんていうか、頑張れ私。←もはや翠葉さんを応援する余裕なし(駄
唯ちゃんはですね、今回はちょっと秋斗さんにご立腹だったのですよ。それで、思い切り司の肩持ってる状態です。
本当は翠葉さんにもあんなにきつい言葉を投げるつもりはなかったようですが、アハハ……投げちゃった♪ みたいな(何)
蒼樹は蒼樹で唯ちゃんに“お兄ちゃん役”を譲ったような部分があるのかも……?

翠葉さんと唯ちゃんの会話、かわいいと仰ってくださりありがとうございます*
ここの兄妹の会話は基本的に書くのが好きです。
蒼樹も噛み砕いて話す(説明する)のがとても上手な人だけど、唯ちゃんは唯ちゃんでとてもわかりやすくストレートに話せる子。
蒼樹がたとえ話をするなら、唯ちゃんはストレートに話す。そんな感じでしょうか?

翠葉さんの初陣、頑張らせてるのですが、何分翠葉さんです。覚悟しつつ、明日更新できることを祈っててください(駄

またのお越しを楽しみにお待ちしております*





【Collaboration SS】

06/10 12:40 みほ様*
みほ様、いらっしゃいませ*
試験帰りの癒しになれたようで何よりです^^
試験お疲れ様!
それと、お名前ボックスがないこと教えてくださってありがとうございましたm(_ _"m)ペコリ
もう、本当にびっくりして、どこーーー!? って超特急で直しに行きましたとも(何

しかも、ハルくんの台詞にやられてるとか(爆)
そっち行きましたか(笑)
設定あれこれまったくないふたりなのですが、今後、何か書きたいものができたらネタ帳にストックしようかと……(?ー?) フフ
なんとなく、高校か大学くらいからずっと付き合ってきて、就職して2年目くらいで結婚、なイメージで書きました^^
楽しんでいただけて何よりです*
イラストの感想も絵師様、羽桜さまにお伝えさせていただきました。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*





【etc...】

す み ま せ ん っ !!

ひたすら平伏から入ろうかと……。
今日の更新は絶対に本編だと思ってらっしゃいましたよねー;;
私もそのつもりでしたし(〒_〒)ウウウ
48話は書きあがっていたのですが、49話も途中まで書けてるのですが……。
なんとなく、なんとなーーーく、50話まで書ききってからの方が安全な気がしてならなくてですね、第13章の本編が終わったらUPしようと思っていた唯ちゃんサイドを急遽UPすることにしました。
申し訳ございませんm(_ _"m)ペコリ

もう、なんていうか……。
翠葉さんと司をぶつけるのは心身ともに疲弊します。
しかも、今回は頼みの綱の司がかなりグラってるんで、どこを支柱にしたら良いものやら……と本当に必死。
でも、目処をつけて明日には48話をUPする予定なので……えぇと、祈っててください?
基本、常にダメ作者なのですが、本当に今駄目で……orz

あ……体調じゃないです。葉野の頭です、頭っ!
体調的にはそこまでひどくないと思います。
血圧もまだ70後半は維持できているので、昇圧剤で対応できてる感じですかね?
痛みさんはそれなりなのですが、薬を3段階に分けて調節してるので、1段階目の薬ならば眠気なし。2段階目の薬だと半日寝ちゃう。3段階目の薬だと15時間ほど動けない……。
こんな具合ですが、今のところ2段階目の薬でなんとかしのげてるので大丈夫です。

この季節は健康な方でも体調を崩しやすい時期。新生活が始まった方はとくに。
いつも心配されてる葉野が言うのもなんなのですが……。
皆様、こういう季節はあまり無理せずのらりくらりと過ごされてくださいね。



さて、葉野推奨、梅雨の楽しみ方、いってみますっ!!

1 雨が降ったときの植物の美しさを愛でる(←変人コースで堪能しましょう)

2 雨上がりに虹を探す(←挙動不振に思われるくらいキョロキョロしましょう)

  虹を見つけるコツは太陽の反対側!
  太陽が高い位置にあると虹は小さいです。
  低い位置にあると大きな虹になるので、そんな雑学もどきを頭の片隅に!

3 品切れです……。



By 葉野りるは

コメントのお返事

【光のもとで】

06/06 17:13 ふー様*
ふー様、いらっしゃいませ*
サイドストーリー、くどくても楽しくお読みいただけているようで良かったです^^
サイドストーリーは主に、私がキャラたちの心情を把握するために書いているものなのですが、同じお話の中でも人が違えば、立場が違えば、それぞれに思うことは違ってくる。そんな側面を感じていただけたら嬉しいな、と思っていたので、ふー様のコメントがとても嬉しかったです^^
ありがとうございます。

静さんのお話は、自身が高校生だったときの話を回想として書きたいなぁ……と思ってたりします(^^;;
でも、それはもうちょっとあとで*
じーさんサイドは何だかものすごく難しい気がして書けそうになく、うぐぐ……。
書いてしまうと、ものすごく人間の深みというか、そういうものが浅くなってしまう気がするので……(^-^;
食えないじじーのままでいてほしい人です(何

出張お疲れ様です^^
またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/07 00:36 羽桜さま*
羽桜さま、いらっしゃいませ*
ツイッターでも、こちらでもありがとうございます*
唯ちゃん……まさか、こうくるとは思ってませんでした。
完全に、作者の敷いたレールを脱線しまくってくださいまして、でも、今まで作者の思い通りに動いてきてくれた子が「ここは引かないよっ」と言うので……。
しゃぁない、このまま行ってみようか……な具合です(苦笑)
でも、唯ちゃんのおかげで思いがけず早くに解決できそうで、なんだ、やっぱり唯ちゃんってグッジョブな人なのね……と思ったり(笑)
でもね、唯ちゃん自身も翠葉さんにあんな言葉を言うことになるとは思ってなかったようで……。
本当、ものごとって思い通りにはいかないものですね(^^;;

>「そうやってさ、傷ついたって顔して、自分が悪いって思ってるのに自分から動かないで司っちがきてくれるの待ってるわけ? それはずるいと思うよ。都合良すぎ。待ってたら誰かが助けに来てくれるとか、いっそのこと手放しちゃおうとか。すごくずるくて調子がいい」

書いてて思ったけど、本当にきっつい(苦笑)
でも、こういうの、面と向って言ってくれる人はとても貴重だと思うんです。
羽桜さんの仰るとおりで、“優しい”だけがその人のためになるわけではないから。
時に、とても痛くて厳しい言葉も必要なんですよね。
唯ちゃん、本当によくできた子……。これが計算じゃないからすごい……。
……と、自分ちの子をベタ褒めします(何

碧さん、最強ですよねー。私、この人に敵う気がしません。
翠葉さんの家出問題で長らく闘ってきましたが……(「うちの子は人に迷惑かけてまで家出しませんっ」と何度怒鳴られたことか……)
このあたりは全然翠葉さんに受け継がれてない性格っぽいけど、どうなのかな……?
翠葉さんもいつかはそんな一面がでてくるのかな(笑)?
翠葉さんが今後どう成長していくのか、書いていて一番楽しみです。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/07 09:59 khjはる様*
khjはる様、ようこそいらっしゃいませ*
キリ番SS【ぬくもり】お読みくださりありがとうございます^^
ほんわかあたたかな気持ちになっていただけて幸いです*
リクエストくださった読者様に感謝です^^

ピアノのシーンをとても気に入っていただけたようで、本当に嬉しい。
翠葉さんの気持ちにシンクロしてくださってありがとうございました*

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/07 10:22 momohamu様*
momohamu様、いらっしゃいませ*
唯ちゃんファン!!
唯ちゃん、久しぶりに大活躍ですよ^^
この子は出てくるといつもいい働きをしてくれて、作者は大助かりです(笑)
意外な方向に動いても必ず吉と出るような、そんな子。
本当に、いつも助けられてます……。
葉野のサルベージはこれから唯ちゃんにお願いしようかと……(何

最初はここまで御園生家に馴染めるか不安だったのですが、やっぱり静さんや秋斗さんに「順応力が高い」と言われるだけあって、スルリ、と馴染んじゃうんでしょうねぇ……。
でも、そこに負荷という負荷がかかってるように思えないから、とても自然な形で馴染んでるように見える。
唯ちゃんの第2の家族が御園生家で良かった^^
この子はもう大丈夫だなぁ……と安心して見てられます*

この件を司が知ることはあるのかなぁ?
なんとなく、唯ちゃんは恩着せがましいことは言わなそう。

いつも体調のお気遣いありがとうございます*
またのお越しを楽しみにお待ちしております*

司は、こんな唯兄のことの顛末を知ったらやっぱり涙するんだろうか。



By 葉野りるは

コメントのお返事etc...

【光のもとで】

06/05 09:03 ちひろ様*
ちひろ様、ようこそいらっしゃいませ*
いつも楽しみにしてくださりありがとうございます!

>別視点でも結果は同じ。3人分の視点を読むと飽きて本編が始まるまで読むのをやめようという気持ちになります。
これは本当に申し訳ないのですが、このやり方を変えることはできないのです。
そもそも、サイドストーリーを書いている理由が、私がキャラの心情を把握するためだからです。
本編で主人公以外のキャラがどう動き、どんな言葉を発するのかを掴むために書いています。ここでこの子たちが何を考えて、どうしてそう行動したのか、どうしてそういう言葉を言ったのか、それをきちんと把握しておかないと、本編が書けないのです。
本編を書いてから(本編を完結させてから)書けばいい(公開すればいい)、というものではないので、この作業をやってから本編を書き更新する……となると、きっと更新が1ヶ月近く停まることになります。
今現在、本編だけを見れば更新が停まっているようなものであることは重々自覚しております。
ですが、【光のもとで】は基本ライフワーク、毎日更新を心がけているため、それは私がしたくないのです。
本編の間にサイドストーリを挟みつつ、の更新はこれからも変えることのできないスタンスだと思うので、「あー、また懲りもせずに同じシーン何度も書いてるよ」とお思いになられましたら、1ヶ月ほど経ってからお越しいただけると丁度いいかもしれません。
きっと毎日のようにお越しくださっているのでしょうね……。
本当に嬉しくて申し訳ない限りなのですが、ご理解いただけると嬉しいですm(_ _"m)ペコリ
間にサイドストーリーを挟むのは、私にとって本編を書き進めるのに大切な作業なのです。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*





<etc...>


くどいくらいにサイドストーリーばかり更新している葉野です。
本当にすみません、ほかにも「本編まだですかっ!?」って思われてる読者様がいらっしゃるかと思います。――が、サイドストーリーは皆様にお楽しみいただくためのもの、というよりも、葉野がサイドキャラの心情を把握するため、という意味合いが強いため、この作業だけは省くことができません。

本編を書くにあたり、どうしてこの子がこういう言葉を言ったのか(言わざるを得なかったのか)どうしてこういう行動をとったのか、それらを私が納得するために、把握するために書いているからです。←きっと“できる作家さん”はすべてを把握したうえで本編を書かれています。ですが、葉野は“未熟ものモノカキ”なのでそれができません……orz
サイドストーリーを書かないと、きっと、今以上に支離滅裂なお話になるかと思います。
なので、どうしてもサイドストーリーを書く必要性が葉野にあります。

本編を完結させてから書けばいい、更新すればいい、と思われるかもしれませんが、そうする場合、【本編を書く(更新する)→サイドストーリーを書く(更新しない(ストック))→本編を書く(更新する)】この始めの本編と後ろの本編の間が半月から1ヶ月ほど空くことになります。
つまり、更新ストップ状態です。

【光のもとで】は毎日更新を心がけているため、私自身がその状況を受け入れられません。
よって、これからも、本編の間に1ヶ月近いサイドストーリー期間があるかもしれませんが、そのあたりはご理解いただけると嬉しいです。
もし、「まーたー??」と思われたら、1ヵ月後くらいにお越しいただけると丁度いいかもしれません。
あ、もちろん、本編の間にサイドストーリーがあることを楽しみにしてくださってる読者様がいらっしゃることも存じております。
その方たちは、葉野のスタイルに合った方たちなのだと思いますし、臨機応変にお読みくださっているのだと思います。

書き進め方が作者さんによりけりなように、読み進め方は読者様それぞれかと思いますので、そのあたりはご自分でコントロールしていただけると嬉しいです。

本当に拙い作者で申し訳ございません。
ですが、これからもこのスタンスは変わりませんので、どうぞご了承くださいませm(_ _"m)ペコリ



By 葉野りるは

コメントのお返事

【Riruha* Diary】

06/03 22:46 アキ様*
アキ様、いらっしゃいませ*
お久しぶりです^^
読み返しありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
そして、スペルミスのご連絡もありがとうございました。
自分で見てきて、「をぃっ!」と突っ込みました。あれ、思い切り最初の方は何も考えずにローマ字打ちしてましたよね。なのに最後が“L”ってところが私らしいミスっぷりで(駄
早速直してきました(苦笑)
本当にありがとうございましたm(_ _"m)ペコリ

前回は翠葉さんが記憶をなくしたあたりのところまでお読みだったのですね。
うむむ、そこから最新話までちょっと長いですね。
お話は逃げていかないので、ゆっくり、目をいたわりながら読み進めていただけると嬉しいです^^
また読みに来てくださり、ありがとうございます。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



【光のもとで】

06/02 01:48 羽桜さま*
羽桜さま、いらっしゃいませ*
うふふ、イラストの感想は無事かのこ様に転送済みです^^
かのこ様が「まだカラーイラストに感想いただけるなんて!」とホクホク喜ばれていらっしゃいました*
それから、翠葉さんたちに誕生日おめでとう、ありがとうございました^^
(↑すごく嬉しい*)

じーさまねぇ……この人試練好きで困っちゃいますよ、まったく(苦笑)
とは言いつつも、私も好きなのですが……(笑)
秋斗さんに対しては、そういうふうに育つことが前提で、断崖絶壁から突き落とすようなことをするわけで、司もそういう扱いされてるわけで……。
それでも、決して孫たちがかわいくないわけでもなく……。
ある一定の年になるまでは人と深く付き合わない、というのも、自己防衛であり、周りに不必要な被害を出さないため……というのもあるのだろうけど、その代わり(?)ちゃんと学べる場も提供するというか、そこに課題があるというか……(苦笑)
矛盾してるんだけど、そういうふうにしかできなかったのかなーとも。

しっかし、本当にじーさんは痛いところを衝いてきなさる……。

>「お嬢さんは受け入れてくれたというのに、肝心のおぬしらが排除しておってどうするんじゃ……」

これは秋斗さんにとってはとても痛かったですよねぇ……。これを後で知ることになる司はどう受け止めるんだろう?

秋斗さんと蔵元さんコンビ、私も好きですー^^
こぉ、秋斗さんが無尽蔵にわがまま駄々っ子になっていて、それを突き放すように話してる割りに、意外となんでも要求呑んでるような蔵元さんとか(笑)
けれど、ただ呑むだけじゃなくて、条件提示ありきな感じで(苦笑)

ピンチは絶好のチャンス……ということで、みんなに乗り切ってもらいたいです!

キリ番SS【ぬくもり】お読みくださりありがとうございました*
うふふ、珍しく、翠葉さんが甘えっこです^^
なのに、司ったらあまりわかってないし>珍しく注文が多いってなんやねんっ! と突っ込みたくなるわ……オホホ。
あのお話はあくまでも司が狼さんにならないようにほんわかしたお話で……というのがお題にあったので、司狼変化はございませんでした(笑)

それと、文体のことにもご意見ありがとうございます*
もうちょっと試行錯誤するかとは思いますが、基本的には詰める方向で書いていこうと思います。
今までの書き方か詰める書き方か……と問われると、詰めた書き方のほうが書きやすいのです。
行間があったほうが読みやすいのは確かで、独特なテンポを生み出すことも可能なのですが、より“小説らしい”書き方を習得すべく、そちらに移行しようと思っています。
読みやすさを考えて、改行あれこれ考えてしまうのですが、できれば、あまり細かく改行を入れないかたちをとろうかな、と。
そのほうが悩まずに書けるので(苦笑)
貴重なご意見、そしてあたたかいご意見をありがとうございましたm(_ _"m)ペコリ

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



06/03 21:28 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
サイトトップの画像、見てくださりありがとうございます!
お気に召したようで、本当に嬉しい*
あれはポピーというケシの花なのです*ほかにもオレンジや赤と、いろんな色があるのですよね^^
で、バックのブルーは実は空ではなくて、池だったりします(笑)
6月で初夏……そんな雰囲気を感じていただけたら幸いです*

あはは(笑)
どうやらjunko様の中では、狼秋斗さんは不評なようですね(笑)←あ、気分害したとかそういうのじゃないですよっ!!
ガツガツしてなくて、余裕があるときの秋斗さんは年相応の対応ができるというか……。
うん、今になってなんとなくわかってきました。
最初のころは秋斗さんファンってそれなりにいたんです。でも、段々生息数(をぃ)が減ってしまったのは、余裕のない秋斗さんというか、自分の欲求に呑み込まれちゃった秋斗さんが受け入れられなかったのかな? と。
たぶんね、秋斗さん自身もどこまでも大人で、翠葉さんの前では余裕ぶってたかったんだと思うんですけどね(苦笑)
きっと思うようにはいかなくて、初めて感じる感情が多すぎて、無駄にえっちなことには経験が豊富だったものだから(苦笑)
本当、人生はなかなか思うようにはいかないものですね(^^;;

いつも体調のお気遣いありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
またのお越しを楽しみにお待ちしております*



By 葉野りるは

コメントのお返事etc...

【Riruha* Diary】

05/30 19:43 小波さま*
小波さま、いらっしゃいませ*
貴重意見ありがとうございます!!
それと、昨日はこうやって見えるよー! のメールありがとうございましたm(_ _"m)ペコリ
とてもとてもお役立ちメールというか、画像でした^^
こんなふうに表示されるんだー……と、しばしぼーっとしてました。
ガラケーは振るブラウザにすれば全体を見ることはできるけども、やっぱり微妙ですよ(苦笑)
だから、モバイル用に変換させて、文字だけを読む、が正しい気がします。
それで見ると、やっぱり画面が小さいから、段落はじめの一文字下げだと、ものすごくでこぼこしていて読みずらい……。
でも、スマホやアイフォンから見る分には全然違和感ないんだなぁ……と知ることができて良かったです^^
ありがとうございました*

そうそう、お話の中ではガラケー(爆)
だって、書き始めたころ、まだスマホなんて出てなかったですもん!(確か)
月日が経つのは早いですな……。





【光のもとで】

05/30 12:48 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
いつもいつもお祝いのお言葉をありがとうございましたっm(_ _"m)ペコリ
うざったいだなんてとんでもないっ><。
本当に毎回毎回嬉しくてですね、たまに私自身が忘れてる子たちのお誕生日までお祝いしていただけて、本当に本当に嬉しかったです^^
1年間、みんなにおめでとうを仰ってくださり、本当にありがとうございました!

そうですねそうですね^^
パレスでのディナーのときみたく、御園生家みんなでドレスアップしてるところ見たいですね^^

唯ちゃんはちょっとアレなのですが、秋斗さんは割りと早くの時点で会長の思惑には気付いてましたね。
なんていうか、秋斗さん、かなり板ばさみなのに強制的にアレで(すいません、お話がまだ追っついてないので、アレでごまかしてます)あれこれちょっとかわいそうな人になってます。
唯ちゃんは、ま、秋斗さんの思惑あれこれ気付けなくても半分は正解だったし、結果的に司サイドにつけた……ということで良かったかと。
良くないのは司本人で(苦笑)
でも、あのヒントからじゃわからない子にはわからんのよね……と思ったり。
自分がなんとも思わないことって、よほど影響力のある人に言われない限り気付かなかったりしますよね。
つまり、唯ちゃんからの言葉は無関心でも、翠葉さんからの言葉やリアクションは司の中でそれだけスルーできないものだったというわけで、そのことに司が気付けるかな?
気付けるといいなー……。
秋斗さんはそのあたりはしっかりと自己分析できてる人なんですよね。
司も、秋斗さんのことを見ていたら、そういう分析ができるけども、そこにあえて自分を当てはめられるかな? と言った感じです。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



05/31 22:17 絢子さま*
絢子さま、いらっしゃいませ*
ぎゃー! 嬉しいですよ!?
ないない、全然不謹慎じゃないですっ!!
書かれてやだな、と思うのは、「こんなとこで泣くなんて最低」とか「出てくんな」「死ね」「どっか行って」とかそういうものです(^^;; ←実際にあるから怖い(ごめん、そういうコメントはスルーしてます)
キャラ全否定のコメントではなく、ごく普通のコメント(感想)ならなんでもカモン! です^^
あまりお気になさらずに*

そうそう、司の泣きシーンを書くとき、何度、前に書いてきたお話を読み漁ったか……。
この子泣いたことないよね!? って(笑)
ホロリくらいはあったかもしれないけど、ここまで全開で泣いたことはないはず! と踏み切りました(何)
いや、その前に泣かすか泣かさないかでかなり悩んだのですが、泣いてもらうのが自然だったので、っていうか、勝手に泣いたので、よし泣かせとけ……と(コラ
司が自分の能力だとか脆さとか、そういうのを認めた瞬間かな、と思ったシーンでした。
良かった* きゅんポイント、言ってもらえて^^

梅雨シーズン、全力で乗り切ろうと身構え中です(何)
いつも、体調のお気遣いありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
またのお越しを楽しみにお待ちしております*





【etc...】

司サイド、ラストの泣きシーン。
きゅんポイント、萌えポイント仰ってくださる読者様がいらしてよかったー(´▽`) ホッ
皆さん、珍しく静かすぎて、「私の司くん、泣かさないでよねっ!?」とか思われてたらどうしようかと思ってました(をぃ

さて、もちっと秋斗さんサイド続きます。
この人も今回はかわいそうな人といったらかわいそうな人です。
かわいそうな人、という目で見てもらえたら、私、頑張った、と自分を褒めます(何)
うちの子たち、基本、なんだかみんなかわいそうな子なんですよねぇ……。
あ、そっか。うちの子たち、自業自得キャラが多いんだ。なんてこった……(←今ごろ気付いてももう遅い。遅い以上に手遅れです)

今月の私のノルマなのですが――。
【光のもとで】はライフワーク。毎日更新を頑張ろうというのは変わらず、あとひとつふたつノルマがあります。
【七夕の出逢い】の涼さんサイド。
これ、ものすごくリクエストが多くてですね、今年の七夕にUPしようと去年から自分に課していたものなのです。
半分ほど書きあがっていて、既に涼さんが黒い人全開で私どうしたらいいのかな、っていうところで止まってます(駄
どうしようかな、で止まったまま7月を迎えると泣く羽目になるので、更なる足かせをつけてみました。
それは何って……うふふ、かのこ様にイラストオーダーしましたよ。
七夕の出逢いのトップ絵(カラー)と涼さんサイドのお話にイラスト一枚。
だから、頑張る。それをご褒美に頑張る。
(ほかのノルマは真白さんサイドの改稿作業(ほとんど、改稿というよりは改行の問題です))

イラストといえば(〃▽〃)
一昨日から、御園生3兄妹のお誕生日なんですよ、うふふ^^
05/30→蒼樹、05/31→唯、06/01→翠葉。
それでですね、かのこ様に翠葉さんのイラストいただきました*
お話の中ではお化けのように17歳のまま年をとっておりませんが、かのこ様の絵ではちゃーんと年をとっております(笑)
20歳の翠葉さんをご覧あれっ!!





                                                   イラスト:涼倉かのこ様




By 葉野りるは

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

web拍手ランキング