FC2ブログ

Comment reply


ここは、【Riruha* Library】【徒然日記 時々 何か】へいただいた
コメントのお返事、サイトに関するお知らせをするスペースとなっております。

コメントのお返事etc...

【光のもとで】

08/18 22:01 小波さま*
小波さま、いらっしゃいませ*
自分の過去のこと、心構えなしに……というのは、唯ちゃんにとってはやっぱり衝撃的だっただろうなぁ……と。
今現在、名前をふたつ使い分けてる状態だけども、それでも、“御園生唯芹”の人生を歩み始めてますからね。

同窓会の通知かぁ……。
同窓会って主催する側は規模が大きくなると大きくなる分大変なんですよねぇ。
クラスレベル、部活レベル、学年レベル、学校レベル。
気まずい関係もアレコレ。
本当に難しい(苦笑)

中学生の唯ちゃんがどんなだったかな? ってちょっと考えてたのですが、基本は優等生のいい子だったんだろうなぁ……と。
素行にも問題なくて、成績もよくて、人当たりも柔らかくて。
先生にも親にも手のかからないような、そんな子供でいようとしただろうなぁ……と。
セリちゃんの件があるからなおさらに。
身の回りのことも、家事も適度にできちゃう。そんな子。
学校の友人関係はどっちかというと八方美人でそつなく切り抜けてるタイプで、そこにつっかかってくる子(←悪い意味じゃなくて)が果歩ちゃんだったのではなかろうかと……(笑)
そんな頃を考えていたらちょっと楽しかったです^^

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



08/24 01:12 絢子さま*
絢子さま、いらっしゃいませ*
そうなんですー(^^;;
一話がながーいんです(笑)
何せ、今まで3500文字〜4000文字だったところが、5000文字〜8000文字(強)だったりするので(苦笑)
書きながら、「本当ならここまでで一話で更新できるのにぃぃぃ……」 と思いながら、その次を書く……の繰り返しです(苦笑)
改稿するときにはちゃんと一話3500〜4500文字くらいに調整する予定です(^^;;
終わっても終わらないので(何)ずっとお付き合いいただけたら嬉しいです^^

あと! 海斗くんのセリフ部分のドジっぷりをご報告ありがとうございました!
とても助かりましたm(_ _"m)ペコリ

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



08/24 06:18 セルヴォ様*
セルヴォ様、ようこそいらっしゃいませ*
翠葉さんへのコメントとして読ませていただきました!

そうなんですよねぇ、人の気持ちは変わることもあるのですが……。
初めて異性を好きになった翠葉さんには色々とわからないことがあるのですよ。
“異性を好きになる”とかそういうことよりも、まともな人付き合いが高校に入ってから……という子なので、何かに直面するたびにグルグル考えます。
そして、今、正にその真っ只中……(苦笑)
ぐるぐる回って悩んで泣いて、その先に笑顔があったらいいな、と思っています。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



08/24 11:07 わかば様*
わかば様、いらっしゃいませ*
本当に、毎日暑い日が続きますよねぇ……。
今年は、「あれ? 今日涼しい?」 と思う日の少ないこと少ないこと……(苦笑)
冷夏も農作物的には困ってしまうけど、ちょっと恋しい……そんな今日この頃です(笑)

18話お読みくださりありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
さすが翠葉さんというか、これでこそ翠葉さんというか、こうだから翠葉さんというか……orz
えぇ、わかば様お察しのとおりでございます(苦笑)
翠葉さんは相変わらず強敵だし、周りの人々もこれ以上に何ができるか、と考えてしまってるし、でも、これからのお話を読んでいただけたら、「あぁ、やっぱりソウデスヨネ」 というお言葉が聞こえてきそうです(^^;;
脳内で日々、キャラたちと大奮闘ですが、頑張って書いて更新していこうと思います。
なんだか大変そう……と想像していただけることがとても嬉しかったです*
キャラたちに心ポキポキ折られながら頑張って生きながらえます(←何

またのお越しを楽しみにお待ちしております*





【etc...】

匿名で誤字脱字を教えてくださった読者様。
とても助かりました!
教えてくださり、ありがとうございましたm(_ _"m)ペコリ
今後も、何かお気づきの点がございましたらご連絡ください*



スマホに変えてよかったと思ったことがひとつ。
誤字脱字の指摘を出先で知ったとしても、携帯から直せる事実(FC2ブログにアップしてある【光のもとで】のみなのですが(苦笑))
本当にいつもいつもありがとうございます*



By 葉野りるは

コメントのお返事etc...

【gooブログ】

08/08 20:19 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
おめでとう、ありがとうございました。
スミマセン。
去年は10年目に入る年で、今年が正真正銘の10周年です。

またのお越しをたのしみにお待ちしております*





【光のもとで】

08/06 15:39 伽羅さま*
伽羅さま、いらっしゃいませ*
キリ番SS書くのが遅くて申し訳ございませんでしたm(_ _"m)ペコリ
でも、楽しんでお読みいただけたようなので、とても嬉しいです^^

うふふ……うちの読者様の糖度加減がかなり怪しいことを再認識しました(笑)
チュウだけで“濃糖度”と思ってしまうとか、本当にもう……(笑)
なんでかわからないのですが、【翠葉さん×司】のSSを書くときって、前に書いたSSの設定をそのまま使えることがとても多くて、リンクさせたつもりなくても、あれ、つながってるわ……ということが多々あります。
たぶん、脳内で司のイメージがしっかりと固定されてるんだろうなぁ……。
このままいくと、あまり代わり映えしないSSになってしまいそうだから、そろそろ対策をねらねば、かもしれません(^^;;

唯ちゃんは翠葉さんがかわいくてかわいくて仕方ない模様です(笑)
もし、秋斗さんが相手だったらこんな勝負申し込まなかっただろうなぁ……と思うと、司不憫(苦笑)

料理の内容もあれこれ考えてはいたのですが、この場を丸くおさめることができて、なおかつ、翠葉さんが好きな料理、喜ぶものってなんだろう? って考えたら唯芹亭のメニューしか思い浮かばなくてですね……。
翠葉さんを喜ばせて、なおかつ、唯ちゃんを黙らせなくてはいけないので……。
じゃ、唯ちゃんには何を作らせようか? と思って、唯芹亭メニューというのもあったのですが、それじゃ勝負にならないしなぁ……と、思い立ったのが須藤さんメニューでした(笑)
ふたりとも、自分の得意なもので勝負しないところが似たり寄ったりな感じで(苦笑)
唯ちゃんは唯ちゃんで物理的移動や睡眠時間あれこれで苦労してるけど、司は司であまり唯ちゃんの料理を食べたことがないうえに、レクチャーしてくれる人がいなかったわけで……。
いろんな意味でふたりとも切磋琢磨した6日間でした(^^;;
そんなふたりが大好きです^^
本当、翠葉さん愛されてるなぁ……(〃▽〃)

“生涯勉強”、これは司もそうだけどそのほかの人々にも地でいってもらってます。
私の祖父がそんな人でした。
当時は98だったかな?
祖父がPC始めたのが70後半くらいのことで……(笑)
あの頃はPCを買うにしても、本体やソフトだけで100万とかかる時代だった気がします。
祖父は年をとってからも哲学や物理学の本を読み続けていたような人で……。
勉強したことのないものに興味をもつことや、同じものを年や仕事関係なしに、ずっと続けていくこと、積み上げていく大切さは言葉ではなく、祖父の行動を見て教えられた気がします。
そういうの、ずっと忘れずにいたいですよね^^

ちょこちょこっと、そういったメッセージをお話に組み込んでいて、それで誰が気付いてくれるだろう? というような書き方しかしていないと思うのですが、それでもきちんと汲み取ってくださる、感じてくださる読者さまにお読みいただけていることがとても嬉しいです。
本当に、いつもいつも気付いてほしいことに気付くてくださりありがとうございますm(_ _"m)ペコリ

伽羅さまのお住まいの場所はどんな気候でしょうか?
今年も日本の夏は暑いです(苦笑)
今日も暑くなるみたいです。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*





<etc...>

お久しぶりです、葉野です。

――うぅぅ、すみませぬ。
更新滞っていて申し訳ございませぬ。

発熱は毎日のようにしてますが、執筆無理! というほど体調が悪いわけではなく、日常生活が少し慌しいことになってました。
一番の理由が旦那様のお休みが変則的だったこと……orz
急に休みが変わるうえに、急に「出かけよう」と言われるので、相変わらずペースが乱れまくりです。
そこに通院が加わったり……(いえ、こちらのほうが先にあった予定なのですが……)
そして、実家のお盆自体は7月に終わっているのですが、兄家族が帰省するのが8月なので、そこでまたバタバタしたり。
やっと落ち着ける! と思ったら、また旦那様のお休みが変更になって今週の火水が連休だったり……。
あれやこれやと周りの予定にぐるんぐるん振り回されていた8月前半でした。
この後も、たぶん、旦那様のシフト変更でペース乱されることは多々あるかと思うのですが、そのほかは自分の通院くらいしか予定がないつもりなので、なんとか頑張りたいしだいです。



お話のほうはですね、正直行き詰まってました。
更新のペースが落ちたのは、今までの1話に2話分を詰め込んでるからです。
今まで3500から5000文字程度だったところを、4000から7、8000文字に増量したことが原因です。
これは、今の古いほうの目次事情で、どうやっても最終章を55話から60話におさめねば……という目次話数的事情です(〒_〒)ウウウ
で、今詰まっているのは翠葉さんの心情把握をきちんとできてないから。
次話は下書きがとっくに終わってるのに、その次につながるかが不安で更新できなくて1週間近く経ってしまいました……orz
次々話を何度書き直してることやら……。
で、思い至ったのは、わからないから書けないんだ、ということ。
そんなわけで、自作品ですのに第13章を1から読みましたよ。
最終章の最新話までじっくり読み返しました。
読み返すと、「あぁ、こう書けばよかった……」が、延々ループで、「でも、ここの台詞を書き直すと、サイドストーリーも直さなくちゃいけないし……」とか「回想部分も直さなくちゃ」とか色々と出てくるので、それらは全部メモに留め……(苦笑)
とりあえず、翠葉さんのネックになってるものを全部書き出して、どこまで戻ったらこの子は自分の問題をきちんと整理できるのかな? と考えてみたり、ひたすら翠葉さんのことばかり考えてました。

【光のもとで】を書きながら、【七夕の出逢い】の涼さんサイドや真白さんサイドを書いていて、頭の中が飽和状態だった模様です。
キリ番SSは別として、やっぱり複数のお話を書くのは私には向かないのかも? ときちんと悟りました(何
でも、涼さんサイドの後編は近々更新する予定(←あ、ベリーズカフェさんに前編だけはあげてあるのですよ←で、涼さんサイドだけだとまた中途半端になるから真白さんサイドの続編が必要になてしまって、それを書いていたり……)
ほかのものに手をつけると、あれこれ尾ひれがついてしまって、全然【光のもとで】に帰ってこれなくなってしまった感満載です。

【光のもとで】だけを見ていても、第13章まではしっかりと翠葉さんの心情を把握できてたのに、どうして今がこんななんだろう? と考えたところ、【七夕の出逢い】SSを挟んだことと、最終章の最初がガッツリと性教育のお話で、少々横道それたからなんですよね。
横道それた、とは言うけれど、結果としてそれは絶対に避けて通れない場所だったわけなのですが、翠葉さんが根っこに抱えてる問題とはつながりが全くないわけではないけれど、それでも少しそれる方向ではあったわけで……。
しかも、1話が長いだけに、その間で書いてる私がよくわからないことになってしまった……という自業自得っぷりです。

ここ数日読み返し作業、確認作業に全力注いでいたので、今日からはまた頑張って執筆作業に戻ろうと思います。
不甲斐ない作者で本当に申し訳ございませんm(_ _"m)ペコリ



By 葉野りるは

コメントのお返事

【gooブログ】

07/31 19:17 小波さま*
小波さま、いらっしゃいませ*
そうなんですよ、生理時期遅らせてたの。
でも……( ̄-  ̄ ) ンー 生理1日目2日目には果歩ちゃんとこ行けないだろうな……。
ひたすら、お腹痛くてベッドの上で唸ってる感じ。病院まで行くのは無理だと思います(苦笑)
でも、気にする必要のないことを気にするのが翠葉さんの標準装備、というのは当たってる気がしなくもなく、またぐるぐる始めるんじゃないか……と気が気じゃありません(^^;

果歩ちゃんと唯ちゃんはアレコレある感じで(苦笑)
【光のもとで】はちょろっと触れる程度にします。じゃないと、【Real Maple】で書くことなくなっちゃう(苦笑)

でもって、果歩ちゃんの件。静さんの耳に入ってないわけがない(笑)
会長も知ってます知ってます(笑)
今の病院話はちょっと【Real Maple】の伏線てきな感じて書かせてもらってたり。
もちろん、翠葉さんに必要だから、というのもあるのですが、基本的に、今のあたりは伏線ですかね(苦笑)

文字数多いのははっきりいって、自分の首を絞めてるな……と(苦笑)
やっぱり原稿用紙10枚〜13枚くらいがいいところです(毎日更新には)
さすがに、25枚くらいになるときっつい(苦笑)
でも、話数の関係上、今は仕方ない……とガンバリマス。
改稿するときには原稿用紙10枚〜13枚くらいに分割しますよっ!!

またのお越しを楽しみにお待ちしております*





【光のもとで】

08/01 20:35 小波さま*
小波さま、いらっしゃいませ*
>彼女さんと話すときの楓先生は、私の知る楓先生とは全くの別人だった。
 何だろう……少し、ツカサに通じるものがある気がしなくもない。

この部分ですよね……。
んーんーんー……これはただ単に、ポンポンものを言うところ、かな?
今までの楓先生って、翠葉さんと話すときは翠葉さんのペースで、翠葉さんの出方を見て話してくれてたと思うんですよ。
でも、それが果歩ちゃんが相手だとポンポンポンって言葉が出てくる。
果歩ちゃんもポンポン言うけど、楓先生もポンポン。しかも意外と容赦のない言葉を(笑)
それから、部屋を出て行く前にしっかりと釘を打つところとか……かな?(笑)

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



08/01 20:45 小波さま*
小波さま、いらっしゃいませ*
翠葉さんは性教育を受けたあと、復習の意味をこめて何かに書き留めてそうです。
ほとんど口頭で教わっているので、手元には何も教材はないわけで……。
教えてもらったことを忘れないように……と日記か何かに書き記してるかもしれないなぁ、と思いました。
だから、すぐに果歩ちゃんの状況を当てはめることができたのかなぁ……? と。
翠葉さんは他人に対して自分勝手だな、と思うことはあまりないかも?
「あぁ、そういうふうに思ってるんだ」 と思うくらいかも。
この場合、どちらかの立場に立って……というような考え方がとても難しいと思うから。
自分が妊娠したら……とは間違っても考えないと思うので、そうすると、楓先生が自分勝手なことを言ってるという感情はわかないんですよね。
主観的(共感)はできなくて、客観的に見ても、今は“命”の重さを考えてる子なので、子供をおろす……というほうが想像できない感じかも。
とことん翠葉さんの価値観から見つめて考えると、「自分勝手」にはなり得ないのですよ。
しかも、“合意のうえでの性行為”と思ってるわけなので……(←子供ができるかもしれない可能性はあった。それで子供ができた――な経緯と思っている子)

楓先生はちゃーんとなっちゃん先生の生徒だと私は思っています(笑)

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



08/02 18:31 小波さま*
小波さま、いらっしゃいませ*
キリ番SSお読みくださり、ありがとうございました*
そうですね、時期的にはちょうどその頃です。

唯ちゃんの駄々っ子ぷりが露見(笑)
もー、あそこまでいくと本当にただの駄々っ子にしか見えないという(笑)
桃華さんと蒼樹は結婚しても何が変わるわけでもなくあのままだなぁ……と思いながら書いてました^^
これには楓先生が出てきてないのでアレですが、湊先生は静さんと結婚してる設定で出してみました。
確かに、ここの親戚づきあいは濃密そうだ……。
そして、司が親戚づきあいに辟易してそう……(苦笑)

最後の司の駄々っ子もお楽しみいただけたようで何よりです^^
唯ちゃんは飲む前から駄々っ子だったのですが、司は飲んでから駄々っ子にしてみました(笑)

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



08/02 21:07 コタツネコ様*
コタツネコ様、いらっしゃいませ*
キリ番SSお読みくださり、ありがとうございます*
うふふ、おいしそうなお話の中身は料理の紹介なしでした(笑)
別の意味でチュウチュウ美味しいお話で(何

自分の十八番料理を作られたら、唯ちゃんは泣いちゃいますよねー……。
司、どこまでも策士だ。でも、翠葉さんを喜ばせたいと思ったら、自然と出てきたものなんだろうな。

翠葉さん、今回はチュゥに動じませんでした(笑)
たぶん、チュウされる前振りがあったからだと思うのですが……。
ホラ、料理する前のこめかみチュウは、前振りなかったので真っ赤になってたし(笑)

拍手お礼の画像、しばらくの間設定を間違えていて翠葉さんしか出てこない設定だったのです、申し訳ないm(_ _"m)ペコリ
今は10点全部見れるので、誰かに会えるかはそのときによりけり!!
麗しの蒼兄に出逢えてよかったです*

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



08/02 21:08 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
キリ番SSお読みくださりありがとうございました*
唯ちゃんのこの駄々っ子っぷり(笑)
ですが、司氏の勝利です。
策士だなぁ……と思ったのですが、でも、翠葉さんが喜ぶ料理って考えたら、すぐに思いつくものだったかな? と思ったり。
その上で、あぁ、これなら唯さん丸めこめそう……という思考回路だったかも?(←常に翠葉さんが中心に回っている人)
でも、作るのは大変だっただろうなぁ……(笑)

>司が婚姻届を早く出したいのは、翠葉さんに逃げられないように、他の人に取られないように、ガッチリ捕まえたいからかな?

デスデス。
支倉キャンパスに来るなと言っていたのは友達だとか、ほかの男に見せたくなかったから(笑)
なんで独占欲の強い……(苦笑)
でも、そのくらい人に見せたくなかったんだろうなぁ……。
秋斗さんも同じようなことしたことあったし(笑)

レシピだらけのお部屋に感動していただけて嬉しい!!
何よりも、

>それなりに努力はしてるから

この言葉を思い出してくださったことが何よりも嬉しい!!
ふとした言葉なのに違うお話を読んで、「こういうこと言ってましたよね?」 と仰っていただけるくらいに熟読してくださっていたり、再読してくださっていたり、何にせよ、書いた言葉が記憶に残っていることがとても嬉しくて涙出そうでしたっ;;
ありがとうございます!

今回は翠葉さんが珍しくキス魔でした(笑)
頑張って言った、というよりは言わずにはいられなかったのかな? と(笑)
好きって言いたい、好きだけじゃ伝わらない気がしてキスしたい。
そんな感じが伝わったら嬉しいな、と思います。

お仕事、とても忙しいシーズンに入られましたね。
梨、大好き!!
私は大ぶりな梨よりも小ぶりな梨が好きで、幸水あたりが好きです^^
ガリガリ君で梨味があるのですが、滅多に梨味ってお目にかからないな、と思って買ったのですが、やっぱり本物がいいなーと思ったしだい。
梨がぐわっと出回るのが8月後半くらいからなので、その頃を楽しみにしてます^^

更新してなくても拍手くださってたの、junko様でしたか!!
本当に嬉しくてですね、日々励まされてます(〒_〒)ウウウ
ありがとうございますm(。_。;))m ペコペコ…
junko様もお体お気をつけくださいね。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



08/03 10:20 momohamu様*
momohamu様、いらっしゃいませ*
お久しぶりです!!
本当、毎日暑いですね(^^;
私は家の中にいるのに(←極力外には出ない方向で……(何))、エアコンのかかってる部屋とかかってない部屋を行き来するだけで死にそうになってます、うぐぐ。
ほんの数分だったりするのに、頭がガンガン割れるように痛くなって、ぎゃーっっっ、ってなります。

キリ番SSお読みくださり、ありがとうございます*
うふふ、みんなかわいいって仰っていただけてとても嬉しいです^^
司氏、お酒飲ませたらかわいいことになりました(笑)

支倉キャンパスに翠葉さんを来させなかったのは学友に見せたくない、というか、そこらの男に見せたくなかったから(笑)
どれだけ人目に触れさせたくないのよ、あなた……っていうね(苦笑)
同期生に「見せろ」 と言われても、「見せる義理はない」 とか答えてそうです(苦笑)
まさにmomohamu様の妄想どおりな具合で(笑)

私信、ありがとうございます。
親御さんとしても色々と不安な時期ですよね。
幼稚園ほど親の目は届かず、小学校っていう社会の中で自分の子供がどう育っていくのか。

普通って何でしょうね?
たぶん、学校単位だとクラスに人が30人〜40人いたとして、その平均値なのだと思います。
普通は平均値。
でも、その平均値ってあまりあてにはならないと思います。
たとえば、2人だったらひとりが0点、ひとりが100点をとったら平均点は50点です。
間をとったけど、ものすごく実際の点数からは離れてることになります。
“普通”ってたぶんそんなものかな、と。
あとは“学校”という場所だからこそ、の“普通”があるかもしれません。
学校のうち、小学校中学校って“協調性”を学ばせるところでもあるので、周りに馴染めるか、足並み揃えられるか……的なものが基準になってるような“普通”基準とか。
ただ、私が知っていることといえば、小学校や中学校では“出る杭は打たれる”のです。
もしくは“一目置かれて特別扱い”な具合。
高校やその先では、そういったことはあまりないんですけどね……。

色々ぐるぐるしてるときに、お話の一節を思い出していただけるなんて、光栄すぎます><。
葉野は決して文章が上手なわけではないし、身の回りにあることや体験談を交えて書いているにすぎないので(とくに【光のもとで】は)、日常のふとしたときに思い出していただけることがとても嬉しいです。
momohamu様の日常に入り込めた気がして(あれ? 何か違う……?)
うん、ふとしたときにキャラたちの言葉や心情を思い出していただけると、とっても嬉しいです。
あ、寄り添えた……という感じで。
お話が読者様に傍らにいられることがとても幸せです。
しかも、それですっきりと落ち着いてくださったとか……。
よかったですー><。 というのと、嬉しいですー><。 というのと両方でどうしようっ(オロオロ
真白さんも紅子さんも碧さんも経験者ですね。
あぁ、いつか、そういうキリ番も書いてみたいかな。もしくは外伝で……。
でも、真白さんや紅子さんはあまり苦労してなさそう。
家が家だけに、息子たちの成績や普段の行いがいいだけに、あまり苦労はしてなさそうです。
司の性格は問題アリだけど、でも、それをつついた小1の時の先生の経緯があるだけに、次から司を受け持つ担任は突っ込んだこと言えなくなってそうだし(苦笑)
海斗くんはやんちゃしてそうだけど、成績いいし、クラスのムードメーカーであり、リーダーシップはかれる人間だから、とくに問題視されてなさそうだし(苦笑)
何か言われても、「今の年の子はみんなやんちゃでしょう?」 と紅子さんはにこりとさらりとかわしてしまいそうです(苦笑)←腐っても藤宮一族

また息抜きに遊びにいらしてくださいね。
次のお越しを楽しみにお待ちしております*



By 葉野りるは

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

web拍手ランキング