FC2ブログ

Comment reply


ここは、【Riruha* Library】【徒然日記 時々 何か】へいただいた
コメントのお返事、サイトに関するお知らせをするスペースとなっております。

コメントのお返事

【徒然日記時々何か】

03/25 23:27 hiro様*
hiro様、いらっしゃいませ*
ブックカバーが無事に届いたようで良かったです^^
いただいたかわいい靴は未だにデスクの上にちょこんと置いてあります*
なんだか、使うよりも眺める対象です(笑)

ペーパーアイテムはついつい集めたくなっちゃうんですよねぇ……。
葉野もレターセット、メモ帳、ノート、このあたりは必要なくても買ってしまうくらいキチガイです(苦笑)
しかも、買ってもなかなか使えない派……(笑)
時々並べて眺めて幸せに浸るのが好き。
なんというか、コレクターのような感じですよね(買っても使えないあたりがとくに)

それと、改稿作品であるにもかかわらず、毎日更新があることが嬉しいと仰っていただけて、とても嬉しかったです;;改稿、最後までがんばります^^

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



コメントのお返事

【Collaboration SS】

03/19 00:43 星乃瑠璃様*
星乃様、ようこそいらっしゃいませ*
コラボレーションのお話しは一昨年から更新していなかったので、ランキングサイトから来ていただけたとのことにびっくりしました!
数あるオンライン小説の中から見つけていただきありがとうございます。
このお話しはお友達絵師さんのイラストをもとに書いたお話で、幼馴染設定でどんな話しの結果、あのイラストのシーンになるかなぁ……と考えたのを覚えています。
幼馴染で年が一緒じゃなくて、ちょっと生意気な妹っぽい子に恋した男の子のお話。
お楽しみいただけたようでなによりです*
ふふふ、ニヤニヤしていただけたら本望です(笑)
今年の七夕が晴れるといいですよね^^

またのお越しを楽しみにお待ちしております*

ハープスコアのお知らせ

ハープスコアのお知らせ第7弾です!

03月14日より、下記の楽曲がダウンロードできるようになりました。
グレースハープ・インターナショナル様の、「楽譜ダウンロード販売」からご購入いただけます。


■ 春を待つ桜

この曲は、昨年テレビに映された桜を思って作った曲です。
被災地でただ一本ポツリと立っていた桜は、樹齢があるわけでも背が高いわけでもありませんでした。
桜の周りには何もなくなってしまったけれど、その桜はとてもきれいな花を咲かせていました。
寒々しい空の下で力強く咲く桜は凛として見え、テレビを介して見たにも関わらず、今でも脳裏に鮮明に焼きついています。
きっと、今年の春もきれいに花を咲かせるのでしょう。
あの日テレビで見た桜へエールを送りたくて作った曲です。
想いよ、届け――。


2011年03月11日に発生しました東日本大震災により、
お亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。
また、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。


コメントのお返事

【徒然日記時々なにか】

03/05 23:38 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
このお話は、きっと第八章までが基盤部分なんですよね。
第八章からお話の核の部分が動き出すというか……。
考えてみたら、この章が初めて翠葉さんが爆発する章でしたね。
このあとも数回あるけれど、初めてはここだったんだなぁ……と。
サイドキャラ視点のお話もここら辺からが本腰入ってる感じで……。
前振り長すぎだろー! って自分でも思うけど、でも、ここまでの前振りがなければ後編が存在できない感じ(苦笑)
伏線たくさん引いてたし(笑)
なので、ここを読み耐えていただきたいなぁ……と思ってしまう。
でも、結果的には読んでくれる人は読んでくれるし、読めない人は読めないのだろうな、と思うしかなくて。
あまり悩んでも仕方のないことだな、と思うことにしました。
日記を読んでコメントをくださったこと、本当に感謝してます。
こうやって、私の心は救われるのです。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


【Comment reply】

03/07 18:48 里依紗様*
里依紗様、いらっしゃいませ*
期末テストお疲れ様でした。
そうですね、学生さんはそんな時期だった(笑)

くくく、葉野もバカップルを書くつもりは毛頭なかったのですが、気づけば立派なバカップルのできあがりでどうしたらいいことやら……(苦笑)
ふたりは大真面目なんですけどねぇ……(^^;;

こちらこそ、リクエストたくさんありがとうございました。
少しずつ消化していこうと思いますので、気長にお待ちください*

それから!
桃華さんと茜先輩に「おめでとう」ありがとうございました!
>祝い事は遅れても大丈夫と碧さんも仰ってたので‥苦笑
これ、よく覚えてましたね!
嬉しいなぁ♡
そうですそうです、遅れてもいいのです^^

二回目のホワイトデー編はネタが思い浮かばないので、何かネタが浮かんだら書くことにしますね。

なんと!
里依紗様は東京在住だったのですね。
じゃ、気候は似たり寄ったりですね(笑)
今日はところどころで「雪」なんてツイートを見ましたが、葉野の住む場所は雨も雪も降りませんでした。
里依紗様のところは降ったかな?

風邪をひかないようにお過ごしくださいね。
またのお越しを楽しみにお待ちしております*


コメントのお返事

【光のもとで番外編】

03/05 00:55 みー様*
みー様、いらっしゃいませ*
バレンタイン話お読みいただきありがとうございますー!
ニヤニヤしていただけて良かった(´▽`) ホッ
司の要求はストレートですよねぇ(笑)
要求に甘さがあるのが秋斗さんだとしたら、司の要求には甘さがない気が……。
司、甘い関係にならないのは君が要因かもしれぬ……(ポン、と司の肩に手を置きたい、でも怖い……)
確かに、これが秋斗さんだったらペロリといただかれちゃっているに違いない(笑)
司は一重に我慢してるんだろうな、と……(笑)
でも、少しずつ少しずつ翠葉さんの警戒を解除してかかってるあたりが彼な気がします。
一気にひとっ飛び! ではなくて、じりじり鉄を熔かすかのように責めてるあたりが……(笑)
一線越すのは何歳とは決めてないのですが、司が大学生になってから、という部分だけが決まってます(何
細々と書き続けるつもりので、ふらりと遊びにいらしてくださいね^^

一昨日の体調が最悪で、昨日の体調がとっても良くて、ちょっと調子にのって動きすぎました(^^;;
昨夜からの熱は疲労熱だなぁ……と。
今日はゆっくり過ごす予定でしたが、朝から漫画の整理(笑)
でも、一息ついたので、このあとはゆっくり過ごそうと思います。

あたたかくなったり寒くなったりの繰り返しなので(あれ、関東だけかな?)みー様もお風邪など召しませんように*

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


ピアノスコアのお知らせ

今回はアイリッシュハープのスコアではなくピアノスコアのご紹介です。
いずれも、ブルグミュラー、ソナチネが弾ける方には問題なく弾ける
レベルの曲です。


■ Ciel d'azul(紺碧の空)
■ 恋桜~さくら~


「恋桜~さくら~」はアイリッシュハープのスコアとしても販売されているのですが、
このたび、ピアノスコアを用意させていただきました。
「Ciel d'azur」はピアノスコアのみとなっております。

ピアノスコアは会社に委託しているものではなく、
葉野が直接販売しているものです。

ご興味をお持ちいただけましたら、メールフォームよりご連絡ください。

一曲420円での販売となります。
(四月以降は432円となります)

どうぞよろしくお願いいたします。


コメントのお返事

【光のもとで改稿版】

03/03 13:20 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
最近お見かけしていなかったので、お風邪でもひかれたのかなと思案しておりました。
コメントを見て(´▽`) ホッ

茜先輩と桃華さんのお誕生日をお祝いしてくださりありがとうございます*
このふたりはピンクがとても似合う子ですよねぇ。
そんなイメージから誕生日を決めた記憶があります^^
茜先輩はもともとが繊細な子なのですが、抱えているものが抱えているもの、ということもあって翠葉さんの気持ちにはとても敏感に反応して対応してくれてますよね。

いつか会長とのお話も書きたいのですが、きっちりと骨組みしないと葉野が書いてて泣きそうな事態に陥りそうなので、まだちょっとあたためます。
でも、ここからふたりが互いの両親を説得して結婚までいくストーリーをいつか書きたいな、という野望はあり……(がんばれ葉野……)

キリ番リクエスト、楽しみにお待ちしております♡
またのお越しを楽しみにお待ちしております*


【commentreply】

03/03 14:07 Fran様*
Fran様、いらっしゃいませ*
あわわわわ、全然全然、申し訳なくないんですよっ!
(なんか日本語変ですが許してください(苦笑))
誰にも何も言われなかったら何を不思議に思うことなく通り過ぎてしまうことなので、気づいたことを教えていただけるのは本当に貴重なことなんです。
考えるきっかけをくださり、本当にありがとうございます。
この先も何かありましたら教えてください。

改稿していて何に一番気を遣うって司の行動言動ありとあらゆるすべて……(爆)
なので、司の性格や翠葉さんへの対応、そのほかの人たちへの対応がぶれずに直せていたら本望です。

司が翠葉さんに惹かれるのはなんとなくわかるのですが、秋斗さんが翠葉さんに惹かれる要因や過程をもっとわかりやすく、納得しやすく書けたらいいなぁ……と思っていたのですが、結局は満足にできなかったなぁ……と、すでに改稿後の反省点もあり(^^;;
一口に「改稿」と言っても、自分が持っていきたいレベルまですぐに直すことはできないんだな、と痛感している毎日です。
次の改稿をするときまでにはなんとかできたらいいなぁ……。

こんな具合で拙い作者なのですが、これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _"m)ペコリ

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


コメントのお返事

【commentreply】

02/25 18:34 里依紗様*
里依紗様、いらっしゃいませ*
コメントはいつでも大歓迎です^^
何せ、拍手クリックやらコメントがないと心が折れそうになるので……(^^;;
>「甘いけど、いやらしくはない」
これ、あのあとも考えてみたのですが、意外と司の要求がストレートだからなのかなぁ……と思ったり。
司の、というよりはふたりの、かなぁ……?
駆け引きみたいなのがなくて、思ってることを言葉にしたり行動にしてるだけというか……。
していることをやらしいことともエッチなこととも認識してない感じかな?
ううーん、ツワモノふたりめっ……(何
食材の甘さ=素の甘み、加工食品の甘さ=こてこて下心満載。
こんな感じでしょうかね(笑)?

リクエスト、たくさんありがとうございました!
一位はほかの読者様からも要望多数いただいているので書くつもりです(笑)
大人の階段をがっつり上るのは、彼女たちが18歳か19歳かな、と予定(何
でも、それまでにもちょこちょことストレートな要求をされたり拒否したり、あれこれあります(笑)←ますます何

第二位は桃華さん目線と蒼樹目線で書こうと思っていました。
タイトルとかどこら辺に挟むのかがまだ決まってないので、もくじ欄にはないのですが……。
でも、サイドストーリーが好きと仰っていただけて嬉しい♡
これだけサイドストーリーを書いてきただけあって、葉野もサイドストーリーは大好物です♪

第三位は全然思いもよらないリクエストでした。
静音先輩あたりのサイドストーリーが書けたら楽しいかなぁ*
静音先輩や沙耶先輩が出てくるお話にしたい感じです('ー') フフ

第四位はビンゴ! というか、本編に伏線をがっつり引いてきたのでこれは回収しなくちゃ……な何かです。
本当はシーズンⅡという形で、きっちり彼と翠葉さんを絡める場所を作ってトラブル起こそうと思っていたのですが、番外編形式になってしまったので、どうやって絡めようかなぁ……と目下考え中。
でも、書くつもりはあります(笑)

第五位はこれまた考えてなかった系ですね(笑)
ただ、翠葉さんの進路がそっちへいきそうな気配がしているので(現在、彼女の進路を模索中)そんな話が書けるかもしれません。
ちょっと保留案件ですね^^;

第六位はお話のどこかに入れられないか考えてみます。
この手のものは第四位の彼が出てくるあたりで挿入する予定ではあったのですが、まだそのお話の骨組みが……(笑)
でも、どこかしらで入れますよ^^

たくさんリクエストありがとうございました*
まだ書いていない、これから書くお話の内容にウキウキしました^^

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


【光のもとで番外編/ベリーズカフェ】

02/26 12:25 Fran様*
Fran様、いらっしゃいませ*
しばらく入院されていらっしゃったのですね。
回復に向かわれているとのことですが、どうぞご自愛ください。

改稿版、少しは誤字脱字が減ってきたでしょうか?
それなりに気をつけて投稿し、さらにスマホで確認、訂正という二段構えでがんばってみてます(何)
ベリーズカフェさんへの投稿は葉野の息抜き的な何かです(笑)
仕事しなくちゃーーーってなってて、どうしてもストレスを発散したくなると、がーーーっと投稿している気がしてなりません(笑)
でも、Fran様のように楽しみにしてくださる方がいらっしゃるからモチベーションが維持できるのであって、本当に感謝しきりですm(_ _"m)ペコリ

さて、ご指摘の件なのですが……。
「ともすれば」という言葉を葉野なりに調べてはみたのですが、誤用しているという意識にはたどりつけなくて悩んでいます。
Fran様は、「ともすれば」のあとに「思考した結果結論を導き出しているから……」と仰られていたのですが、葉野の解釈としては、「ともすれば」の「あとに続く言葉の可能性を認める表現」として使っているのです(そもそもこれが間違いだったらどうしよう……)
「ともすれば~がち」というのは必ずしもセットになるものではないと思っているので、どうなのかな……と。
言い換えれば、「とすれば」「とすると」とは言えるでしょう。
でも、言い換える必要があるのかな? と思ってしまったしだいです。
決定的に、「あぁ、これは違う」という認識が持てなくて、うにうにしている感じで……。
Fran様のお考えが石化的とは思いません。
きっと葉野よりも"言葉"を知っておられるのだと思います。
これはノートにメモをしておいて、二回目の改稿時にきちんとしたいな……。
日記に書いてほかの読者様にも訊いてみようかな?
もう少しわかりやすい説明がありましたら、再度教えていただきたいです。
葉野の理解力読解力が乏しくて申し訳ない限り(〒_〒)ウウウ

言葉の誤用は人に指摘されないと気づけないことが多いので、教えていただけるのはとても助かります。
改稿版にも関わらず、文章の端々まできちんと目を通していただいていることがうかがえてとても嬉しかったです*

またのお越しを楽しみにお待ちしております*
お体お大事に……。


最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

web拍手ランキング