FC2ブログ

Comment reply


ここは、【Riruha* Library】【徒然日記 時々 何か】へいただいた
コメントのお返事、サイトに関するお知らせをするスペースとなっております。

コメントのお返事

【光のもとでⅡ】

01/17 11:52 Fran様*
Fran様、いらっしゃいませ*
思ったよりも長い連載になった「October」、お楽しみいただけたようで何よりです^^
翠葉さんはたまに、葉野にも予測不能の言動するのでドキドキしながら書いています(^^;;
今後も少しずつ成長をするふたりを見守っていただけると嬉しいです。

>ただ一つ気になったことが。最近の風潮で(~割愛)
これなのですが、学校からゲストルームに電話があった際、碧ママが学校側に出した条件あれこれあるのです(娘命のこの母が、怪我を負わされて何もせずに黙るわけがない……(^^;; )
だから、秋斗さんサイドで「俺に訴える権利がないのなら」という言葉になるのですが、これに関しては、「November」の「芸大祭」のあと、数話入れる予定です。
ただ、分量はそんなにないので、今回の秋斗さんサイドみたく「おまけ」っぽい感じになるかもです。
今書きとめてあるのは「碧ママ×朗元さん」と「秋斗さん×朗元さん」なのですが、やっぱり翠葉さんサイドも書くべきかなぁ……とごにょごにょ考え中('ー') フフ

体調へのお気遣いありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
Fran様もお風邪など召しませんようご自愛ください*

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


01/17 17:47 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
秋斗さんの「おまけ」話は怪我や警護に関するあれこれでした。

同じ学校内で学年が変わることと卒業して新たな学校へ行くことでは規模が違いすぎますからね……。
司が大学生になったとしても、一年目は藤山内のキャンパスだからそんなに際立った変化はなくて、二年目になった途端支倉へ移るし、翠葉さんも違う学校へ進学するし、で一気に「変化」が訪れそうです。
そういう意味でも、二年後には色んな人が色んな立場で不安を抱えるんだろうな。
そんな様を書くのも楽しみです♡

「軟禁」は秋斗さんジョークですよ(何 ←秋斗さんが言うとジョークにならない……?

「静さんと会長に知れたら――」のお話はちょろりと「November」に入れる予定です。
でも、そんなに怖いお話ではないので……(^^;;

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


01/17 18:19 しほ様*
しほ様、いらっしゃいませ*
>翠葉さんが一歩踏み出そうとする度にそれに翻弄される司が、どんどん可愛く思えてきて癒されます。
この言葉が嬉しくて、読んだ瞬間に悶えました(〃▽〃)
そうなんですそうなんですっ!
少し前までは「押せ押せ」な感じでがんばっていたのですが、実際に翠葉さんががんばるとうろたえてしまう司氏なのでした('ー') フフフ 可愛い……

>(~割愛)司は薄々感じていると思います。
そうですね……。
気づいているんですけど、目を逸らそうとしている感じ(ちょっと司らしくない……)
作中で「来年の三月をもって俺は卒業してしまうのだから(紫苑祭後編Side 司 08話参照)」と述べている程度には、自分が高校を卒業して大学へ入ったときにできる物理的な距離は理解できているけれど、翠葉さんが高校を卒業したときに起こる変化までは、まだ見つめきれてない感じというか……。
牛歩並みの進行ですし成長なのですが、少しずつ起こる変化にわたわたするこの子たちを見守っていただけると幸いです*

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


コメントのお返事

【光のもとでⅡ】

01/14 09:28 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
そうですね、秋斗さんに恋していた翠葉さんを好きだった頃とは比べられないくらいほど「好き」の気持ちが大きくて、深くて、やっぱり「好き」という言葉だけでは伝えきれる気がしないし心もとないのでしょうね。

司の「キス」は決して「年頃だから」という言葉では片付けられないようにしているつもりです。
たとえば翠葉さんが「好き」という想いを伝えてくれたときであったり、自分が「好き」という気持ちを伝えたいときであったり、側ににいるだけじゃ、手をつなぐだけじゃ足りないから抱きしめる、キスをする。
そんな具合に。
司が翠葉さんに対して言った、「人並みの性欲と生殖機能を備え持つ普通の男なんだけど」というのも、そういう意味で言ったわけではなくて、想いが通じてお付き合いしている関係だけれど、あまりにも無防備で何もわかっていない翠葉さんに、「俺は今以上の関係を望んでいる」ということを少しでもわかってほしくて放った言葉ですし……。
こういうのすべて、作品のみで読者様に伝えられるようにならなくちゃいけないのでしょうが、……難しいですねぇ(-"-;)

>だったら人から「翠葉と司って付き合ってるの?」って訊かれたら考え込まずにお返事してほしいです!
うーん、これは無理だと思います。
だって、想いが通じたとき(2月頭)にキスをしてから4月まで一度もキスをしていないし手もつないでないし、実際に「付き合おう」という話には至っていないので……。
司が自分を好きなことを知っても、「好き」というたびにキスをしてくれても、だから「付き合っている」という方程式を翠葉さんは持っていません。
なので、無理です~;;
察しの悪い子というか、一筋縄ではいかない子で申し訳ないです……。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


コメントのお返事

【光のもとでⅡ】

01/10 21:18 りん様*
りん様、いらっしゃいませ*
>司がとうとう好きって言った!!!
ですです('ー') フフ
ずっと言ってこなかった子がようやく言いましたよ!(何
でも、「がんばって言った」感半端ないです(笑)
難儀な子だわ……(をぃ

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


01/10 21:30 りん様*
りん様、いらっしゃいませ*
「藤山デート」の目的(?)は「紅葉を見に行く」のはずなんですが、どこからか「がんばって会話する日」へすり替わっていた気がしてなりません。
「じーさん訪問」よりは良いと思いますが、ここまでがんばって「会話しよう!」なカップルはいかがなものかと……(笑)
でも、そんなふたりを見て(読んで)あたたかな気持ちになっていただけて何よりです^^

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


01/10 21:40 りん様*
りん様、いらっしゃいませ*
>釣れるとわかって尋ねると?のくだりが結構好(笑)
釣れるとわかっていて釣りにいくのが司です(何
でも、相手が翠葉さんじゃなかったら、エサをぶら下げない以前に、釣竿に目もくれないんだろうな(笑)

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


01/10 23:20 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
基本、翠葉さんと司の考え方は違いますよね。
秋斗さんも断然司派の考えで、そのあたりの秋斗さん視点をちょろっと書いていたのだけど、ボツ話として日記のほうに上げようかな、どうしようかな(゚_。)?

翠葉さんと外見がうりふたつの碧さんは、「負けず嫌い」という部分は翠葉さんと同じだけれど、人付き合い的には翠葉さんよりも何枚も上手で、翠葉さんよりうまく立ち回っていた気がしますし……(当時の碧さんを見てきたい(゚-、゚)ジュル
たぶん、ものすごく好戦的な女の子だっただろうな、と(笑)

司が「友達」を意識したのは、翠葉さんが人付き合いにおけるトラウマを抱えているとわかってからで、それまでは先輩、同級生、後輩――それ以上でもそれ以下でもなかったんだろうなぁ……。
そう思うとちょっとさびしい気もするのですが、その分兄姉、従兄弟とのつながりが深くて、特に一緒にいることの多かった秋斗さんに依存している部分があったんだろうな(もちろん、本人無自覚で。←指摘されても絶対認めないと思う)

今回、「話し合う」ということを学んだふたりですが、これから先、「話し合う」だけでは解決できないことも出てくるんだろうなぁ……...( = =) トオイメ
そのとき、どんなふうに荒れて、どんなふうに解決していくのかが楽しみです^^

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


コメントのお返事

【光のもとでⅡ】

01/07 08:48 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
思っていることを一生懸命伝えようとするふたりの必死すぎるデートをお楽しみいただけたようで何よりです♡
こんなふうに会話を重ねていって、いつか普通にそれなりの情報量を伴った(←何)会話ができるようになるといいのですが……(笑)
司が秋斗さんや涼先生のようにストレートな愛情表現を言葉にできるようになるまでにはまだまだ時間がかかりそうです(^^;;
がんばれ、ふたりっ!!!

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


コメントのお返事

【光のもとでⅡ】

01/04 23:48 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
司の場合は恥ずかしくて言えないというよりは、言葉の意味と自分の気持ちがイコールに思えなくて口にできなかった感じなのです。
そこへきて、翠葉さんは「好き」という気持ちをきちんと言葉にして伝えてくれるから、回を重ねるごとに追い詰められている感もあったのでしょうね。
おそらく、こういう部分でも秋斗さんと自分を比べてたんだろうなぁ……。
本当に難儀な子です……(笑)
でも、その面倒くさい部分が愛おしいです(〃▽〃)♡

>文中に司の「好き」ってセリフはないけれど翠葉さんの『・・・・・・空耳?今、「好き」って言われた気がするのだけど・・・・・・。』「今、好きって・・・・・・」の表現がとってもいいですね!!
ありがとうございます!
これ、司サイドでは言葉になっているので、司サイドではその辺もお楽しみいただけたら幸いです♡
キュンキュンしていただけて嬉しかったです*

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


コメントのお返事

【光のもとでⅡ】

01/03 22:05 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
学業に忙しいふたりはなかなかデートらしいデートができず……(笑)
結果的に出かける先が藤山なのがこの子たちな感じです(何
ふたりにとってはいたって普通のデートですが、海斗くんたちからしたら「年寄りくせぇデートだな」になりそうな何か……(笑)
でもいいんです、翠葉さんが楽しそうだから('ー') フフ

>「・・・・・・秋兄あたりから聞いてるかと思ってた」はわりと司から出てくる言葉のような気がします。
そうですね(^^;;
司は必死で秋斗さんを気にしないように気にしないように、って思ってるんですが、その時点でだいぶ気にしてるので……(笑)
何をどうしても「元彼」を気にしちゃいますよね。
それは今後もずっと続く気がしますが、どこかで翠葉さんがぶち切れたら面白いな(コラコラ
それでも、秋斗さんとお付き合いしていたのはほんの一瞬のことだし、さほどたくさんの思い出があるわけではないから、司は司らしくがんばってほしいところです。

>学級目標みたいで、ちょっとおもしろいなとも思ってしまいました。
なるほど、すばらしいたとえです(笑)
確かに学級目標みたいだ(笑)
ふたりとも真面目だから、これからもきちんと取り組んでいくと思います('ー') フフ

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


コメントのお返事

【光のもとでⅡ】

01/02 19:36 りん様*
りん様、いらっしゃいませ*
明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _"m)ペコリ

去年は結局会えませんでしたね(^^;;
今年こそリベンジしましょう!
用意していたプレゼントが何年越しで渡せるのやら……(笑)
腐るものではないのですが、内容物が分離したらどうしようかしら、と少々心配(単なるハンドクリームなんですけどもね
いい加減住所を聞いて送りつけてしまったほうがいいのでは、と思い始めた去年年末でした(笑)

年始早々の更新は気づいてもらえるか、はたまた遊びにいらしていただけるか不安だったのでコメントいただけて嬉しかったです♡

貼紙……。
翠葉さんなら貼るに違いないでしょう。
で、見つけた唯ちゃんとかがおなか抱えて笑うに違いない(笑)

司は翠葉さんに甘いですよね。
しかし、それがきちんと伝わっていないのか、ちょっとちぐはぐしているふたりなのでした。
でも、それが「光のもとで」の平常運転(笑)
たんとお楽しみくださいませ♡

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


01/03 18:17 ミミ様*
ミミ様、いらっしゃいませ*
明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _"m)ペコリ

今回のお話はアクシデントはなし。
ひたすらふたりが苦手な「会話」にチャレンジするお話です(何
思ってることを言葉にして相手に伝えるって何気に難しいですよね。
素直な性格の翠葉さんなら難なくできてしまいそうなことだけれど、やっぱり相手が好きな人となると話は別。
色々思うようにはいきません。
そんなふたりを愛しく思っていただけたら幸いです♡

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


01/03 20:26 りん様*
りん様、いらっしゃいませ*
連日お越しいただきありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
そういえば今朝、昨夜いただいたコメントとまんま同じコメントが届いて「あれれ?」ってなりました(笑)

お正月のあいさつ回り、子供の頃はお年玉がもらえたりで欠かせない行事でしたけど、この年になってしまうと面倒くささが付きまといますよね(苦笑)←駄
我が家は私の実家が年末の集まりで、だんな様の実家が年始の集まり(とはいっても、だんな様の弟ふたりは結婚しておらず実家住まいなので、我が家がだんな様の実家へ顔を出すだけ)なので、さほど大変ではなかったり……。

今回の連載は、デートはデートなんですけども、なんというか「会話」がテーマですな(笑)
ふたりが苦手な会話に取り組んだ結果、こういう形になりました、的な何かです。
草葉の陰からふたりを見守っていただけると幸いです^^
紫苑祭は意識してクラスメイトやほかの人との絡みを書いていたので、今回はふたりっきりの甘い(?)時間をお楽しみください♡

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

web拍手ランキング