FC2ブログ

Comment reply


ここは、【Riruha* Library】【徒然日記 時々 何か】へいただいた
コメントのお返事、サイトに関するお知らせをするスペースとなっております。

コメントのお返事

【光のもとでⅡ+】

11/10 19:15 らく様*
らく様、いらっしゃいませ*
>紅葉祭を避けているわけではないのですが、最新部に手をつけました。
紅葉祭は逃げていかないので、本当に気が向いたときにご覧いただけたら幸いです^^

>司さん、ほんっとに2人で行きたかったんですね…。
それはもう、余計な人間は一緒に連れてなど行きたくなかったでしょうねぇ(笑)
基本、翠葉さんを独り占めしていたい人なので(笑)
(なんていうか、一緒に行く人間が皆翠葉さん大好き人間すぎてうざいのではなかろうかと……)

司はどんなときでもどんなことでも嘘がないんですよね。
全部さらけ出した状態で、希望を呑んで欲しいと話す。
そんなところが零樹さんや碧さんに気に入られているんだろうな、と思います。
でも、零樹さんは若干柔軟性がありすぎです(笑)
少しは唯ちゃんみたく反対してもいいのに……(^^;;
でも、婚約許しちゃったから今さらなのかな?

>そして秋斗さんがうざいって(笑)
唯ちゃん、言葉のチョイス……(笑)
秋斗さんはしばらくこのままなんじゃないかな、と思っているのですが、そのあたりのお話を陽だまり荘で話しているところを書けたらいいな、と思っています。
間違いなく公開は来年になってしまいそうですけども><。

日記へのコメントも嬉しいので、日付さえ添えていただけたら全然OKですよ^^

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


11/10 19:38 らく様*
らく様、いらっしゃいませ*
>葉野様もご経験があるのですか?
最近は外にハープを持ち出す機会が減ってしまったのですが、前は姫のお散歩で出かける原っぱに持って行ってましたね。
そこはわんこのリードを放しても大丈夫なところで、旦那様に姫を見てもらっていて、私はラグを敷いてハープ弾いてました。
でも、今はその原っぱが閉鎖されてしまったので、それ以来はハープを持ち出すことしなくなっちゃったんですよね。
屋内でのハープの響き方と、外でのハープの響き方とまた違うので、それはそれで好きだったんですけどね(^^;;

司は基本的に自分がしてほしいことを自分がしているんだろうな。
つまり、翠葉さんの気持ちを聞きたいと思うからこそ、自分の気持ちも極力伝えるように努力してるのかな、って。
あとは、どうしてか翠葉さんの前だと素の自分が出ちゃうんでしょうね。
好きな人は偉大です(笑)
でも、素の自分というか、あまりにも素っ裸にされた自分を人に見せることには慣れてなくて、翠葉さん以外の人がいるときにうっかり素が出ると恥ずかしくなってしまう司氏なのでした(何

>間取りまで公開してくださっているのですね!こういう細かいところまで設定してあるなんてすごいです…!
葉野のお話作りの癖なんですよね(^^;;
高校やおうちの間取りを考えてからじゃないとお話を書き始められないというか……(笑)
なんとも面倒な作者なんです(^^;;
でも、それを見て楽しんでいただけたのなら、がんばって作成した甲斐があります♡

「マジックアワー」で飛び起きた翠葉さんで笑いが取れて何よりです(笑)
翠葉さん、なんて正直者(笑)
司の呆れ顔が目に浮かびます('ー') フフ

シルエット写真は意外とチャレンジしやすいお写真なので、逆光になる場所を見つけてらく様もトライされてはいかがでしょう('ー') フフ

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


コメントのお返事

【光のもとでⅡ+】

11/08 15:47 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
いつもいつもお気にかけてくださりありがとうございます~……orz
今回、どこにやる気スイッチがあるのか見当もつきませんで(〒_〒)ウウウ
書きたい気持ちはあるし、早く連載にたどり着きたい気持ちもたくさんあるのですが、どうにもこうにも筆がのらないんですよね。
たぶん、何かきっかけがあればさくっといきそうなのですが、毎日メモ帳に向かってもんっどりうっておりまする。
突破口が欲しい~……orz

>『夏の思い出』は、「内緒話は必ず窓をしめましょう!」がテーマですね(^-^)
ごもっともで……(笑)

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


【Diary】

11/09 11:54 らく様*
らく様、いらっしゃいませ*
日記の拍手ボタンにはひとつひとつIDをつけていないので、どこの日記をご覧になられたのかははっきりとはわからないのですが、ご感想の内容から、たぶん翠葉さんが秋斗さんを追いかけて空港へいくときのボツ話「司×唯ちゃん」の日記ですよね?
二分の一の確率の偶然と必然のお話の……。
あのお話はどうにかしてサイドストーリーに入れたかったんですけど、翠葉さんの空港へ行く手段が変わってしまった都合上、どうやっても入れられませんでしたーーー……orz
でも、どうしても読んでいただきたくて、ボツ話として日記に投稿したんですよね(懐かしい……(笑))

唯ちゃんの改名は、らく様のご想像されたとおりです。
死ぬまでずっと一緒にいられるものとして名前に一字組み込んだ感じです。
常に共にあるものとして、持っておきたかったのでしょうね。

唯ちゃんの今後は葉野も時々考えるのですが、これというものが出てこなくてですね……(-"-;)
ひとつ伏線張っていて、それを回収する予定ではあったのですが(唯ちゃんの恋愛話)、あまりにもしっくりこない気がして放置してあるんです(^^;;
この子は何かしらきっかけがないと、次の恋愛にはいけない気がして。
なので、翠葉さんと司が結婚するまでの六年間の間に何か進展があるといいなぁ、と思いながら、この物語を綴って行くことにします^^

らく様も秋になって少し血圧が楽になられたみたいですね(´▽`) ホッ
葉野も、低血圧で貧血おこしたり失神することがなくなって一段落です(笑)
これからの季節は風邪やインフルに気をつけねばなりませんが、お互い、無事に風邪シーズンを乗り越えたいものですね('ー') フフ

それからひとつお願いが……(笑)
最初に申しましたように日記のほうにはひとつひとつの日記にweb拍手のIDがついていないので(お話にはすべてついています)、どこの日記の感想かがわからないので、もし日記からコメントをくださる場合は年月日を記載していただけると助かりますm(_ _"m)ペコリ
どうぞよろしくお願いします。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

web拍手ランキング