FC2ブログ

Comment reply


ここは、【Riruha* Library】【徒然日記 時々 何か】へいただいた
コメントのお返事、サイトに関するお知らせをするスペースとなっております。

コメントのお返事

【光のもとでⅡ+】

12/26 13:54 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
junko様の「雅さん」の呼び方が「雅ちゃん」になったの、なんか嬉しい(笑)
幼い「雅さん」だったから「雅ちゃん」になったのかな?
幼少期の雅さんの境遇は、本当につらいものがありますよね。
でもって、不憫な雅さんに対して、周りが甘やかしすぎてしまって「あの雅さん」が出来上がるわけではないんです。
もうちょっとつらいお話が続くのでご勘弁を……orz

小さい子も小さい生き物も同じなんですよね。
私は子どもがいなくてわんこを飼っているじゃないですか。
うちでは飼い始めたときから「叩く」はNGで、あくまで言葉で叱ることをしてきたのですが、やはりほかのご家庭では「言っても通じないから叩いてわからせる」という躾をなさっているおうちもあって、ただ撫でようと手を近づけただけで怖がる子がいるんですよね。
上からではなく、下から手を近づければ大丈夫だったりするのですが、そういう子を見ると「あぁ……」と思ってしまう何かです。
躾の仕方は家それぞれだとは思うのですが、やっぱり「叩く」のは良くないなぁ、と思ってしまいますよね。

>藤宮に引き取られてお父さんと新しいお母さんに愛情を注がれて育ったら良かったけど、本妻さんからしたらね・・・・・・って感じですよね。
そうなんですよねぇ……。
本妻の歌子さんはいろんな意味で複雑な心境だし、屈辱的な心境だったと思うんですよ……orz

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


12/26 20:36 ゲスト様*
雅さんの過去がこんなにも辛いものだったとは。
藤宮が引き取っていたことが救いというか、私の心的には救われました。。。


ゲスト様、ようこそいらっしゃいませ*
数あるオンライン小説の中から「光のもとで」を見つけていただけたこと、長いお話に関わらず最新話までご覧いただけたことをとても嬉しく思います。
うちのキャラの中では雅さんほどつらい幼少期を送った子はいないと思うんですよね。
秋斗さんも育児放棄はされていたけれど、真白さんや涼さん、ローラさんたちがすぐそばにいて愛情を注いでいたし、実の親に代わって面倒を見ていたので。
ただ、藤宮が引き取ったことで雅さんが救われたわけではないので、なんだかもう申し訳ない限りです……orz

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


12/27 09:18 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
>2話続けて読んでからよりも一つずつ。
そうですね、内容がとっても濃いのでそのほうが良いかと……(^^;

>朝読んで失敗したかも・・・・・・。
でーすーよーねーーーー……orz
葉野も、更新してから胃がキリキリと痛んだしだいです(苦笑)
虐待シーンも十分きつかったのですが、陵辱シーンはそれとはまったく異なる精神負荷がかかると申しますか……orz

>ホストクラブ通いもカードでの散財も貧しい生活からお嬢様になったからの結果じゃなくて母親が関係してたんだ・・・・・・。
そうなんです。
もともと雅さんは浪費家ではないし、ホストクラブへ通うような人でもないんです。

>警護班はどうした!?
最初に雅さんが突っぱねてしまいましたし、結果あの出来事なので、雅さんが些細なことも気付かれたくなくて、それまで以上に警護班と距離を取った可能性は多いに考えられますし、その後呼び出されてホストクラブへ出向く際にも、警護班を伴うことはなかったのだと思います。
警護班は対象を警護することが仕事であって、対象を監視しているわけではないんですよね。
なので、警護対象から遠ざけられてしまったら、それまでなんです。
そして、雅さんに付けられていた警護班は確かにS職ではあるのですが、S職の中ではランクの低い人たち。
そこは雅さんを守るつもりが一切なかったご両親の意図ですね。
鉄壁の警護をつけるのにはそれなりにお金がかかるので、そこまでして守る必要はないけど、世間体を考えたら一応S職付けとくかな、的な……。
どこまでも軽んじられてきた感じです。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


12/27 09:49 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
>前話まで過去のことと思っていたので「えっ!翠葉さんに会う少し前のことなの!?」とびっくりしました。
時期的に言うなら、雅さんが陵辱されたのは翠葉さんに出逢う一年前ですね。
その後ホスト通いが始まる感じで……。

>そうですよね。静さんは把握してますよね!
静さんは把握していたというよりは、翠葉さんに雅さんが絡んだことがきっかけで、雅さんを調べ始めた感じです。
なので、翠葉さんが絡みさえしなければ、雅さんのことに静さんが気付くことはなかったと思います。
ただ、調べ始めたら動くのが早いのが静さん、って感じですかね。
このときに雅さんのことを調べつくしたから、携帯事件のときに秋斗さんが雅さんのことを調べたら、誰かが根こそぎ調べた痕跡があった、って感じ。
そこで誰が何を調べ、何をなんのために隠したのかまで調べつくすのが秋斗さんで、本当の雅さんにたどり着くのが秋斗さんなのですが♡

>あかり先生という味方がいてくれてよかった!
あかり先生は雅さんが唯一心のよりどころにできた人だったけれど、一身上の都合で仕事をやめたあとは、「頼れる人」リストから除外されていたんですよね。
だからこそ、ここで急浮上するとは思ってなくて、ものすごく驚いたんだろうな。

>あれ?秋斗さんと結婚したがっていた理由がわかるっていっていたような・・・・・・
さすがにすべてを一話に詰め込むことはしません(笑)
少しずつ明らかになるので、地道に読み進めていただけたら幸いですm(_ _"m)ペコリ

>えっ!秋斗さんと結婚したら、もっとお金が引き出せるようになると思った母親の差し金ってこと!?
ちなみにこれはハズレです('ー') フフ
佐々木専務が絡んでいたことを思いだして!!!

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


12/28 08:43 櫻子様*
櫻子様、いらっしゃいませ*
こちらでは「お久しぶりです!」ですね^^
そうなんです。
翠葉さんもいろんな意味で十分につらい思いをしてきた子なのですが、雅さんは雅さんで全然違うつらさを体験し、もがき苦しんできた子でした。
藤の会で翠葉さんと和解するまでには相応の時間がかかりましたし、様々な葛藤があったことと思います。
それでもこの子は根っからの悪ではないし、善悪の判断がつかない子でもない。
精神的に追い詰められて翠葉さんに対しひどいことをしてしまったけれど、自分の状況が改善されれば自分がしてしまったことをきちんと見つめ直せる。
むしろ、してしまったことに対し、必要以上に苦しむ傾向にある子だと思います。
なので、幸せ目指してハッピーなお話を書きたいのに、全然ハッピーな思考回路になってくれなくて頭抱え中です……orz
ガンバル……雅さんと闘う……!!!

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


12/28 22:46 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
>秋斗さんと結婚したかった理由、はずれてしまいました(^-^;
ですね(笑)

>強引に結婚して!結婚して!っていうアプローチじゃなく、普通な感じだったら、もう少し違ったかな?
少しだけ思いだしてみてください。
雅さんと秋斗さんの件は、佐々木専務が会議のついでに「お見合いも!」って感じでねじこんできてましたよね?
つまり、雅さん自身が「結婚して! 結婚して!」と秋斗さんに迫っていたわけではないんです。
佐々木専務は秋斗さんの逆鱗に触れるほどしつこく電話をしてきて「お見合い」をセッティングしようとしてましたけど、雅さん自身はその件には触れていないんです。
その理由は力関係にあります。
雅さんは確かに本家筋の子どもではありますが、次々期総帥と言われる秋斗さんに自分から「お見合い」だの「結婚」を申し入れる力はないんです。
もしそれができるとしたら、両親の後ろ盾あってのことか、会社で地位のある人間の後ろ盾あってのこと。
もしくは静さんレベルの権力を持っている人が後ろ盾についた場合のみ。
けれど、両親が後ろ盾になることはないわけで、そういう雅さんの状況を知っている佐々木専務に話を持ちかけられて、自分が秋斗さんの伴侶になれたなら――と考えたときに、「ゆくゆくは藤宮を統べる人の伴侶になれたなら、今抱えているすべての問題を解決してもらえるかもしれない」っていう考えに至るわけです。
だから、「佐々木専務の甘言に乗った」は「乗った」なんですけど、「そそのかされた」とはちょっと違って、雅さん的には「利用した」という言葉であっても間違いではないのかな、と思っています。

>今も秋斗さんと翠葉さんの仲がうまくいかなくなったのは、自分のせいと気にしているのは、ちゃんとカウンセリングで治療ができているってことですね!
この子は根っからの悪人ではないので、切羽詰った状況さえ改善されれば、自分が犯してしまった罪には気付けたと思うんですよね。
むしろ、してしまったことに対し、必要以上の罪悪感を感じてしまう子だと思うのですよ。
対人関係においては、ドクタージョージの暗示がきいている部分もあるので、すべてがすべて大丈夫というわけではないんだろうな、と思っています。

>秋斗さんに蔵元さんが迎えに行かされたって言ってたけど、その2時間で恋に落ちたんですか!?
この私に、二時間で恋に落ちるようなエピソードが書けると思いますか……???
無理っ!!!
無理ですってばっっっ!!!
そんな力量ございません……orz
これからあれこれ苦労していくので、そのあたりも含め見守っていただけると嬉しいです。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



12/29 00:17 Misako様*
Misako様、ようこそいらっしゃいませ*
数あるオンライン小説の中から「光のもとで」を見つけていただき、長いお話にも関わらず、最新話までご覧いただけていることをとても嬉しく思います*
それから、いつもツイッターで楽しくお話させていただきありがとうございます!

雅さんのめちゃくちゃつらい過去話、更新し終わって私もほっとしています~(´▽`) ホッ
で、雅さんのお相手は蔵元さんで確定なのですが、、まあなんというか……色々苦労しますので、見守っていただけると幸いです(笑)
雅さんのお相手が蔵元さんというのは、伏線回収的な意味があったりして……(〃∇〃)
このお話で雅さんが赤面しているので、その回収です♡

秋斗さんと海斗くんの育児放棄に関しては、とくに楽しいお話でも内容が濃い話でもないので、書けるかなぁ……???
雅さんの話とは違って、面白いくらいに設定がないというか、中身がないんですよね。
「宮の姫」として神楽殿で舞う紅子さんを見初めたのが斎さんだったわけですが、紅子さんが17歳のときに婚約して、高校卒業と同時に結婚。
19歳で秋斗さんを産んでることになるのかな?
紅子さんと斎さんは周りも引くくらいらぶらぶ夫婦で、斎さんは自分のオフィスに紅子さんを連れて行くくらいべったりな関係だったんですよね。
(仕事はするし、仕事の邪魔はしないけど、一時も離れず側にいたい思う人たち)
紅子さんがまだ若くて遊びたい盛りだったこともあって、子どもを連れて街中を動き回ることに不便を感じて、秋斗さんのことは人に任せ切りになってしまった。
そんな感じの育児放棄なんです。
紅子さん的には、お母様やお姉様が面倒を見てくれているし、なんの問題もないくらいの気持ちだったんですけれど、やっぱり子どもからしてみたら全然違うわけで……。
そのあたりのお話なら書ける気がしなくはないのだけど、だとしたら、何歳くらいの秋斗さん視点で書けばいいのかなぁ……( °ω。)?
ちょっと考えてみて、いつか形にできそうだったらSSなり拍手お礼小話なりにしてみます!

秋斗さんにも誰かいい人を見つけてあげたいんですけど、秋斗さんですからねぇ……。
なかなか難しくて(笑)
秋斗さんが次に惹かれるのってどんな人なんだろう? って考えてはいるんですけど、どう考えても一癖ある人間だよなぁ……と(苦笑)
でもいつか、秋斗さん主人公の物語を書けたらいいなと思います!
本当、何年先になるかさっぱりわからないのですが、そのときまでご覧いただけていたら嬉しいです!

>いつも素敵なお話ありがとうございます♪
こちらこそ、私などのお話を読みに来てくださりありがとうございます!
しかも、今回はご感想まで!!!
遅筆なので、なかなか新連載をスタートできないのですが、これからも亀更新でがんばりますので、お時間あるときに遊びにいらしていただけたら幸いです。
体調へのお気遣いもありがとうございます!
今はどの地域であってもコロナ対策に大変な時期だと思います。
Misako様もお風邪など召しませんようご自愛くださいませ♡

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


コメントのお返事

【光のもとでⅡ+】

12/24 17:05 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
秋斗さん、ご覧いただきありがとうございます!
そうですね(笑)
翠葉さんが「白衣」を希望しそうな何かですね(笑)
でも今は、司一筋なので、スーツを着た秋斗さんを見てもなんとも思わないんだろうな(笑)
こういう感じの秋斗さんのイラストは初めてですよね!
私も封筒から出てきたイラストを見た瞬間「うわぁっ!!!」ってなりました(〃∇〃) ♡
しばらくキーボードの前に立てかけていたのですが、格好いい秋斗さんが気になって作業はかどらないので、泣く泣く見えない場所に移しました(苦笑)

>私は、絵のことは全然わかりません。でも、藤宮の御曹司感、仕事ができそうな感じ、女がほいほい釣れそうな感じが出てますね(^-^)
本当にそれ!!!
かのこ様にお伝えさせていただきますね♡

雅さんサイドのお話なのですが……。
>憑き物がおちたというか、改心したというかっていう感じですね。
たぶん、現時点ではそういう感想が一番多いと思います。
ただ、この先のお話をご覧いただいたら、あのときの雅さんがどうしてああも攻撃的で、ああいう行動に出ていたのかの謎(謎だったのか???)が解けるので、雅さんの境遇を知ることで、少し印象が変わるかもしれません。
本当に全然楽しい内容じゃなくて申し訳ないのですが、つらいお話にもう少しだけお付き合いくださいm(_ _"m)ペコリ
でも、これを語らずには雅さんの翠葉さんに対するあれこれが説明できないのですよ(〒_〒)ウウウ
本編を書いたときから雅さんの設定はおぼろげにあって、いつか雅さんが主人公のお話を書いて、この子を幸せにしてあげたいな、と思っていたのですが、この子のお話を書くのにこんなに時間がかかるとは思ってもみませんでした……orz(っていうか、10年以上「光のもとで」を書き続けると思ってなかったんですよね……)

秋斗さんのイラストにつけた小話にもご感想をいただきありがとうございます!
そう、あの唯ちゃんが新人研修!!!
若いころから仕事のできる子ではありましたが、新人研修する立場になるとは……(いつだって秋斗さんたちの下っ端だったのに←あ、それは今も変わらないか……
でも、もともと面倒見のいい子ではあるんですよね('ー') フフ
秋斗さんと蔵元さんの関係、私もすごく好きです(〃∇〃)
とくに蔵元さんのほうが年上なのに、長らく秋斗さんの部下兼世話係だったことから、未だに「秋斗様」が抜けないところとか、なのに、結構ものをずけずけ言うところとか……(笑)
秋斗さんと蔵元さん、唯ちゃんの組み合わせは結構好きなんですよね('ー') フフ
雅さんサイドのお話では、この三人の絡みもたくさんお見せできるので、楽しみにしていてくださいね♡

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


12/25 01:40 ゲスト様*
更新をずっと楽しみにしながら、「光のもとでⅠ」を何度も読んでいたので、クリスマスの時期に更新されてプレゼントのようで嬉しかったです。
ベリーズカフェでも、読んでいるので更新していただけたら幸せます(???????)
コレからますます寒くなっていき、コロナも危ないので体調に気をつけながら頑張ってください?( ?? )???
応援してます!!!


ゲスト様、ようこそいらっしゃいませ*
数あるオンライン小説の中から「光のもとで」を見つけていただけたこと、さらには長いお話にも関わらず最新話までご覧いただけていること、更新頻度が低いにも関わらず新連載に気付いていただけたことをとっても嬉しく思います!!!
更新がない間、「1」を読み返ししてくださっていたのですね~;;
ありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
新連載の雅さん視点のお話は「1」のお話の裏話的な物語でもあるので、読み返しぐっじょぶです!!!
「あ、あのときの雅さんってこういう状態だったんだ」と思っていただけたら幸いです。

まずはサイトでの更新なのですが、サイトでの更新が終わりしだい、アルファポリス様やベリーズカフェさんにも投稿いたしますので、もうしばらくお待ちくださいね(^^;

それから、体調へのお気遣いもありがとうございます。
冬はいつだって風邪と隣り合わせの季節ですが、今はちょっと事情が違いますものね。
それこそ、全国どこでも危険な状態かと思いますので、ゲスト様も感染対策は万全かとは思いますが、お気をつけてお過ごしくださいね。
コロナが終息するまで、元気に乗り切りましょうね!

またのお越しを楽しみにお待ちしております*
(ハンドルネーム記載なしでご感想をいただくと、ご感想全文開示にてのお返事になりますので、不都合がないようでしたら、お名前のご記入をお勧めいたします♡)


12/25 13:17 junko様*
junko様、いらっしゃいませ*
>朔さんと雅さんのお母さんに愛情は無かったんだ・・・・・・。
そうなんです。
「愛人」関係ではなかったし、雅さんのお母さん側にもそういうった感情はなかったんです。
朔さんは「風俗」として性欲の捌け口にそこを利用していただけで、お母さんは仕事として関係を持っていただけ。
そこで欲が出てしまったのが雅さんのお母さん、という感じですかね……。
本当に、雅さんのお母さん側に恋い慕う感情があれば、雅さんがこんな生い立ちになることはなかったと思うのですが……。
でも、どうなのかな……。
恋い慕う気持ちが強くて、朔さんの奥さんになることを深く望んだ結果、それが受け入れられなかったときには、やっぱり朔さんとの子どもである雅さんに憎悪が向いてしまったのかしら……。
このお話を書きながら、本当にいろんなことを考えさせられました。
次のお話が最高潮にきっついお話なので、心してご覧ください……orz
(もう更新することが怖くて仕方がない……orz)

小話のタイトル案をくださりありがとうございます。
でも、このお話は「蔵元さんと秋斗さん」というよりは、「唯ちゃんを見守る秋斗さん」的なお話のつもりなので、唯ちゃんに絡めたタイトルがほしいんですよね。
なので、今回は不採用で!!!
申し訳ございませんっm(_ _"m)ペコリ

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


コメントのお返事

【光のもとでⅡ+】

12/06 15:15 つむぎ様*
つむぎ様、いらっしゃいませ*
来年ですと、司は大学二回生なのでi医師国家試験も受けていません。
なので、司が独断で医療行為を行うことはできないのですよ。
そんなわけで、ちょっと違う方が動きます♡
対策はすでに練ってあるので、その時期のお話公開時までお待ちくださいね^^

またのお越しを楽しみにお待ちしております*



コメントのお返事

【光のもとでⅡ+】

12/03 19:39 つむぎ様*
つむぎ様、ようこそいらっしゃいませ*
数あるオンライン小説の中から「光のもとで」を見つけてくださり、また長いお話にも関わらず最新話までご覧いただけたことをとても嬉しく思います♡
五年前から追いかけてくださってるのですね!
ありがとうございます!
更新頻度下がってますが、これからもちまちま更新してまいりますので、お時間あるときに遊びにいらしていただけると幸いです♡

サイトをリニューアルというか、小説ページを絶賛リニューアル中でして、新しいお話は新しい背景に差し替えてあるのですが、まだ「光のもとで1」は第3章あたりまでしか差し替えが済んでおりません……orz
量が膨大なので、少しずつ差し替えていこうと思います。
最新話を読む分には問題ないと思うのですが、読み返し時にはまだまだ見づらいページが多々あるので、ご迷惑おかけして申し訳ないのですが、気長にお待ちいただけると幸いです。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

web拍手ランキング