FC2ブログ

Comment reply


ここは、【Riruha* Library】【徒然日記 時々 何か】へいただいた
コメントのお返事、サイトに関するお知らせをするスペースとなっております。

コメントのお返事

【徒然日記 時々 何か】

04/08 08:15 ゲスト様*
いつも楽しみにしています!
蒼樹さんと桃華さんのストーリーがよみたいです。


ゲスト様、ようこそいらっしゃいませ*
蒼樹と桃華さんのお話は「光のもとで番外編」にちょこちょこっと書いているのですが、いつかまとまったお話を短編で書けたらいいな、と思っています。
ネタ在庫が尽きているのでいつごろ、というお約束はできないのですが、気長にお待ちいただけたら幸いです。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*





この先は、FC2ブログまたはベリーズカフェさんにて「光のもとで」を完結までご覧いただいた方への返信となるため、「光のもとで改稿版(現在、第09章)」をお読みいただいている読者様がご覧になると、ネタバレになってしまいます。
ご注意くださいm(_ _"m)ペコリ











【光のもとで番外編】

04/08 16:53 ぽち様*
ぽち様、いらっしゃいませ*
('ー') フフ
司、ふたりきりになると途端にいちゃこら始めます(笑)
でも、それに翠葉さんが対応できてればいいのかな、と思ったり(*^^*)

確かに、「二週間」で欠乏症になってたら、司が大学二年になってからが思いやられます。
そういうシーンはすでに書きあがっていたりして……(笑)
ちょこちょこ、番外編の下書きはしてあったりします。
でも、あまりにも彼方先の話すぎてなかなかお披露目できない件(^^;;
そして、翠葉さんが音大に通い始めたら……のぽち様の予想なのですが、大方当たりです。
そして、涼先生が一番のネックになる、というのも当たり、です(笑)
この人が一番一般的な思考回路してました(何

そして、「七夕の出逢い」へもリクエストいただきありがとうございますm(_ _"m)ペコリ
ぽち様のリクエストは書きやすいものが多くて、いただくたびに葉野がよだれたらしてます(駄

そうですね、「じいじ、ばあば」のお話でもいいかもしれませんね……。
楓先生たちのお子に名前つけなくちゃ……“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪

お茶!
「香詩苑」のルイボスティーとカレルチャペックのお茶、購入されたんですね!
葉野はルイボスティーを飲み始めて二十年近いのですが、今となってはなくてはならないお茶ナンバー1です('ー') フフ
あの分量であのお値段、そして味――どれをとっても申し分なくて、十年くらいは香詩苑で買ってます*
カレルチャペックの紅茶がとっても好きだったのですが、今は完全にカフェインを受け付けなくなって飲んでません。
ガールズティー(ストロベリーフレーバー)と、クイーンズアップル(アップルティー)が何より好きでしたー*
今はもっぱら、シェルとグッドナイトハーブを始めとするハーブティーオンリーです*
甘いものがほしいときは、ドライフルーツがたっぷり入ったハーブティーをチョイス。
う~ん……飲みたくなってきました(笑)
ツイッターを見ていると、ぽち様は「カレルチャペック」のお店に行ける圏内にお住まいのようなので、とっても羨ましい(゚ー,゚*)ジュルルル
葉野は毎回ネット通販にお世話になってます(^^;;

>お茶が美味しいと心が穏やかになりますよね。
本当ですよね。
葉野はなかなか守備範囲を広げないのでそうそう出てこないのですが、何かあればぜひ^^
あ……ルピシアの夏限定の「はつこい」が緑茶ベースに柑橘系が入っていて水出しで飲むととっても美味しかったですよ^^
今はもう飲めないのですが、祖母が入院しているときによく作って持っていってました。
今も商品としてあれば、これからの季節に出てくるので、よろしかったら……*
またお茶談義しましょうね^^

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


04/08 17:09 ぽち様*
ぽち様、いらっしゃいませ*
司にビリーとキャリーを会わせるというのはとても面白そうなのですが、その際にはみほさんの了解を得なくてはいけないので、ちょっとあれこれ大変そう。
でも、大型わんこ見たときの司は美味しいです(何
その前に、柊ちゃんと変わらず、翠葉さんが押し倒されていそうな何かだ……(笑)
実は、「大学編」に出てくるのですが、司たちが贔屓にしているコーヒー屋さんの本店が支倉の藤宮大学医学部キャンパス近くにあったりします。
名前は「倉敷コーヒー」。
ここは涼先生が学生時代にバイトしていたお店です('ー') フフ
因みに、藤倉のウィステリアデパートの一階にあるカフェは「カフェ 倉敷」という「倉敷コーヒー」の支店だったりします^^
そして、翠葉さんが通う音大の名前が「倉敷音大」。
えへへえへへ……できる限りの妄想をお楽しみください(〃▽〃)
そのあたりのお話が早く書きたいです。
でも、さすがに高校2年と3年を全部すっ飛ばすと、翠葉さんと司がどうやって距離を縮めたかが書けないので、最低限のお話を2年と3年に詰め込みたいな、と思っています。
長くなりますがお付き合いいただけたら幸いです*

果歩さんと一緒に「真白さんのお料理教室」はいいですね!
これ、実に楽しそうだ。
なんていうか、果歩ちゃんの不器用ぶりを披露できそうで(コラ

>同じ高校に通っているうちに「彼氏にお弁当を作ってあげる」イベントをしたい。
「おおお!」と思いました。
週に何度かは一緒にお弁当を食べているけれど、これは考えなかった……。
たぶん翠葉さんも考えないだろう、ということで、デートは毎回のようにお弁当を作ってもらいましょう!

>湊さんや果歩さんに「まるで花嫁修業みたいね」などと言われて真っ赤になったり。
これは確実に弄られるコースですね。
それ以外のルートがまるで見つからない何かです(笑)
でも、司はもしかしたらしれっとしているかも……?
「別にいいんじゃない? 花嫁修業するのが少し早まっただけだろ」くらいな感想のような気も……(相変わらず司は手ごわい……

水族館(何を思ったのか海賊館とタイピングしました)デートもありですね^^
海辺デートはぜひ……('ー') フフ
そこに盛り込まれている「とんぼ玉手作り体験」に思わず吹きました(笑)
ぽち様、押さえどころをよくわかっていらっしゃる(笑)

ぽち様の妄想はいつだってすてきです*
また、すてきな妄想が思いついたら教えてくださいね^^
拾えるものは拾って形にしてみます。

またのお越しを楽しみにお待ちしております*


04/09 01:42 みー様*
みー様、いらっしゃいませ*
確かにHNの記入はなかったのですが、時間帯とコメントの内容からみー様からかな? と思っていました。
改めてコメントいただけて良かったです^^

司に「誕生日おめでとう」ありがとうございます*
そうですね、司にとってはまたとないプレゼントのような「出逢い」だっただろうな。

「海水浴」、最後までお付き合いいただきありがとうございました!
本当にちみちみと少しずつなのですが、少しずつ前に進んだり歩み寄ったり、なふたりです。
そんなふたりを見守っていただけたら幸いです。
そして、今回のみー様のコメントにはホクホクしちゃいました(笑)
熟読してくださる読者様はこういうところに気づいてくれるから嬉しいな、と。
翠葉さんが司のかかえる「不安」や「嫉妬」に気づくのはちょっと先のお話になります。
それこそ、司が大学生になったり、翠葉さんが大学生くらいになるまで、本当の意味で理解することはできません。
理由はみー様がおっしゃるとおりです。

それから、翠葉さんが秋斗さんに感じる後ろめたさ。
これも十中八九みー様のご想像どおりです(^^;;
その部分を次のお話でクリアできたらいいな、と思っています。
本当は「海水浴」に入れたかったのですが、どうがんばっても入れられなくて……(力不足
そのあたりのお話を碧さんか零樹さんに訊く、という1シーンも実はあったのですが、収集がつかなくなって削除したんです。
翠葉さんのぐちゃぐちゃしている感情をもう少しきれいに紐解いてあげられたら、と思っています。

番外編、書き始めてみたら学校外でのお話が多くて、なかなか生徒会メンバーのお話が出てこなかったり……。
飛翔も飛竜も出したいのですが、これといったネタも今のところはなく……。
でも、翠葉さんと対面するたびに飛翔は何かしらしでかしてくれる気がしてなりません(ちょっと怖い……
たくさん登場人物いるから、あっちこっちに舞台を振っていくのも今後の課題です。
何か読みたいお話がありましたら、お気軽にリクエストしてくださいね^^

>精神衛生上よろしくないものは無視してもいいと思いますよ。
ありがとうございます。
悪意しか感じないものに関してはスルーする心積もりなのですが、「光のもとで」自体はきっと好きなんだろうな~……けど、特定のキャラに不満があるんだろうなぁ~……な読者様には一応お返事をする方針なんです。
向き合ってみてだめなら次回からはスルー。
一度目は向き合ってみようかな、と。
中には辛らつなコメントでも、「おっしゃるとおりです」と思うものもあるので……。
でも、今回はあのコメント返信をしている時点で「向き合うこと」は無理だったのかもしれない、と今になって気づきました。
「言葉」で「思い」を伝えあうのは難しいですね(^^;;
でも、できる限りの努力をしていきたいです。

みー様もお風邪など召しませんようご自愛ください*
またのお越しを楽しみにお待ちしております*


最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

web拍手ランキング